FC2ブログ

穹が凪ぐ音の夢

エロゲの感想や自分の一日を日記みたいに一生懸命、書いてます。

エロゲ感想 姫と乙女のヤキモチLOVE-きらめき夏物語!

以下感想
ネタバレあり注意














姫と乙女のヤキモチLOVE-きらめき夏物語!
Princess Sugarの新作。
過去に出した作品のFDであり、今回の絵師もみけおう先生ということで購入。
…ただ前作酷い出来だった気がするんだけどなあ…。


アリーゼ
アリーゼ2 姫と乙女のヤキモチLOVEFD

相変わらずの頭お花畑。今回はさらに面倒臭くなっており、夏祭りの準備の邪魔をするわ、いきなりステージに上がるわと単なる厄介者と化していてうざったい。ただ町の祭りの下見に関しては主人公達に非があるため全てが悪いということでもないが…。
良い意味でも悪い意味でもお嬢様体質で子供っぽい。好き嫌いが大きく別れそう。



沙良
沙良 姫と乙女のヤキモチLOVEFD
焼きモチ具合は減ってるが、その分ベタベタっぷりが半端ない。猫のように主人公に纏わりつく。
そして√ではやはりやらかすクソメイド。デート乱入するわ、追いかけた結果崖から落とすわとそれを反省しないわと本当こいついらねえ。せっかくの沙良のイチャラブを妨害すんなやクソが。
主人公も旅行を仕事と勘違いし続けていて若干うざかった。この√は沙良のデレデレは良い感じなのに他が酷すぎ。


菜乃花
菜乃花3 姫と乙女のヤキモチLOVEFD
序盤のぼっち扱いの寂しさから小悪魔チックに徐々にシフト。なんだかんだで主人公を翻弄し続けるお姉さんという立場に。
そして主人公のウザさが際立っている。そもそも最初に菜乃花に黙って他ヒロイン達とバーベキューしたのは主人公であり、いざ菜乃花が突き放すような態度をとったらストーカーまがいの嫉妬とかもう気持ち悪すぎるでしょ…。
ガチクズ 姫と乙女のヤキモチLOVEFD
ぼっちにさせたのてめえからだからな?


ベルアージュ
ベルアージュ2 姫と乙女のヤキモチLOVEFD
かなりの強引さを身に着けたヒロイン。コミコ(いわゆるコミケ)に参加するために主人公に女装すらさせるほど。ただそれ故に周りが見えていないような感じもあった。
意外と他キャラは(一部を除いて)目立たない珍しい√。なのだが肝心のデート等の恋人要素が薄すぎてイチャラブという程イチャラブを感じられなかった。



マジョリーヌ
マジョリーヌ3 姫と乙女のヤキモチLOVEFD
今作TOPの害悪キャラ。ヒロインと主人公の仲を分かっていて邪魔をする、意味もなく主人公を罵倒する、空気を読もうとしない等前作から安定したウザさ。個別√では治るかと思いきやそうはならなかった。
双子ということで姉・リディアーヌが登場するのだが、立ち絵やCVはマジョリーヌの使いまわしという手抜きが目立つ。マジョリーヌは姉にどんだけシバかれて本国に帰されることになっても、反省しないどころか悪知恵を働かせて日本に残るというふざけた奴。メイド失格の糞キャラ。
キャラグラ同じ リディア 姫と乙女のヤキモチLOVEFD
姉とまったく一緒にするなよ。双子だからかもしれないけど手抜きにしか見えんわ…。

杏子

杏子3 姫と乙女のヤキモチLOVEFD
夢見がちの子供がそのまま大人になったような性格。押しかけ女房のごとくやってくるが、料理もダメで何をしても空回りな残念先生。ただ、それを自覚し成長しようと心がけたのは評価できる。
結果的に杏子の猛アプローチが引いた後に好きを自覚して告白した主人公…とまさにシーソーのようなシナリオだったが割と恋愛してて他の√よりマシだった。…まあ最後の最後で空気の読めない残念っぷりをかましてくれるんだけど…。





シナリオ☆0.5つ

本来キャラゲーのFDというのは「主人公とヒロインの恋愛の続き」「攻略できないヒロインの昇格」といった要素が主。そしてそれらは統一して「主人公とヒロインのイチャラブをさらに見たい!」という想いに繋がる…はずなのである。
そして今作はそういう面では大失敗。何故ならヒロインとのイチャイチャを他キャラが邪魔してくるから。

その最たる例が沙良√。確かに他ヒロインをコメディリリーフとして使うのは問題はないのだが、ヒロインとの逢瀬を何度も邪魔してまでやるか?と思ってしまう。そしてその内容もてんやわんやとつまらない。

結果、クソつまらない三文芝居を見せられ、肝心のイチャラブ要素が薄くなってしまった。
本当に何でここまで邪魔させようとするのか…。



キャラ☆0.5つ

キャラゲの癖に酷い。主に留学生組がとんでもない地雷ヒロインとなっている。
・空気が読めないせいで度々周りに迷惑をかけ続けるアリーゼ
・資料のために他ヒロインと無理矢理キスさせようとするわ、女装させようとするわと強引すぎるベル
・うざいだけのクソメイドマジョ娘
といったヒロイン勢はガチで酷い。

また主人公もかなり振り回され体質が悪化しており、所々でなあなあな感じになるわ、菜乃花√ではストーカーに走るわ等気持ち悪い所も多くみられた。

一方で菜乃花や沙良は面倒な所はあるもののそこまで酷い感じではなく、タイトル通りヤキモチを焼く場面も見せてくれたり等割と好感触。
こういうヒロインに限って主人公がヘタレたりうざくなったりする…このメーカーは1√につき一人ウザキャラを出さないと気が済まないのか…。


音楽☆1.5つ

ボーカル曲が非常に多く、EDもそれぞれのヒロインの合わせた曲を用意されている等かなり豪華な仕様。
個人的に杏子EDが「誰にも負けない想いがあるから!」明るく良い感じの曲のテンポで好きだった。


Rシーン☆2つ

みけおう絵の良さ加えてピー音無しの隠語の数々。
シーン自体も各キャラ3~4つで全員に水着シーンがあるなど期待していた要素は最低限あったのは良かった。
エロい表情も素晴らしく、演技も良い感じ。



総合35点

声優は良い、原画も良い、ボーカルも良い。
じゃあ何故こうなっている?ここまで酷い物ができる?
キャラゲーのキャラにイライラさせてはいけない…それは当たり前のこと。
前回も酷い出来だったが、今回も安定して酷い出来でした。





スポンサーサイト



  1. 2020/07/04(土) 23:32:27|
  2. エロゲ感想2020年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<土日の休んだ気がしない感。 | ホーム | アイギスニコ生・夏の陣>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://5nemu5.blog33.fc2.com/tb.php/3559-7811f66a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)