FC2ブログ

穹が凪ぐ音の夢

エロゲ感想や日常を一生懸命、書いてます。

エロゲ感想 ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット-

以下個人的感想
ネタバレあり絶対注意!
















ガールズブックメイカー
ユメミルの新作。
ここのメーカーは初…といってもNEXTONの派生ブランドだったり。
最初は購入を迷っていたが、アイギスとのコラボということが気になり、結局買うことに。
登場ヒロインが非常に多い。恋姫みたいな印象だが…。


シナリオ☆2つ
キャラ√なしの一本道。
メインシナリオを進めるとキャラシナリオが出てくる。

いわゆる童話など物語作品の世界に入り、問題を解決するというものだが、肝心の物語世界の登場人物はその物語を演じているという設定。いわゆる劇団女優といった感じ。
そのため、悲壮な物語も悲壮感など特になくに独自に生活している。
物語のキャラに独自の設定を付けるのはいいアイデアだと思うが、違和感バリバリなキャラもいたり(ギャル系なマッチ売りの少女の主人公「マッチ」、まだまだ怪盗として未熟な「ルパン」など)

ナビゲーター? ガールズブックメイカー
テイルは…どちらかというとソシャゲのナビゲーターみたいな印象。

物語世界に入って敵をやっつけて問題を解決するという基本的な流れは単純ながらも分かりやすい。
特にグリモワールを序盤の世界からちょいちょい暗躍させて、最後に大ボスになるというのもRPGの王道みたいな感じでワクワクした。

これは個人ごとだが、
・色んな世界に周る。
・各世界のキャラと協力。
・最後は主人公の持つ剣で浄化する。
・敵が黒っぽい。
などがあり、正直展開といい内容といい、キングダムハーツに似てね?と思ったり思わなかったり…。

そしてそういった世界巡りの間にも主人公が色々学び、最後はみんなと別れて現実世界に帰る…とそこまではよかったのだが、結局普通に仲間達と連絡を取り合ってるあたり、別れという感じではなかったのは少々ご都合主義かなーと。
まあなんとなくそういうラストになるとは思ってたけど。(キャッチコピーが「ハッピーエンドをつくりに行こう!」だから余計に)

一番好きなシナリオは最後の「白の世界」
今まで協力してきた各世界の仲間達と協力して、虫と戦い最後は大図書館を守るというのは今までの冒険の全てという感じがしてとても胸熱。
そして結末に関しても、「テイルの日記=テイルの物語」として白の世界を彩らせるというのは、毎日書き続けた日記も一つの物語となるという素晴らしい解釈で上手い演出だなと思った。
それ以外にも「西遊記」の、神具を色々な方法で解決するなど面白さもあった。


反面悪いところとしては、結局「物語の登場人物」と「演者」の境界が分かりづらい。(マッチ売りの少女なら毎日クリスマスだったりするのかなど)
アリス2 ガールズブックメイカー
かぐや ガールズブックメイカー
OPで出てるだけに今作、特に活躍する二人。



キャラ☆2.5つ
とにかく個性的な人物ばかり。まず最初に言えるのが声優は超豪華。エロゲ界で活躍してる声優を片っ端から集めてきた印象。

キャラクターも非常に多く、最初登場した先生以外全てのヒロインにHシーンがあるのも〇。
また途中で離脱するキャラもいない上に、キャラシナリオがあるため、ちゃんと最後まで活躍の場があるのは良い。

…ただキャラシナリオが頻繁に更新されるため、本編との差のせいかちょっとテンポが悪かったり…。

好きなキャラは生真面目なツンデレ武道家系少女アリス、変態執筆家のゲーテが良かった。
後は、影の番長の詩織さんもなんだかんだでお姉さんぽくて頼りになるところも好き。
ゲーテ ガールズブックメイカー
コラボキャラになったのもなんとなくわかる気がする…(特徴的すぎて)

ただラヴクラフトことラヴィが本編後のおまけのような扱いで泣いた。
もっとだしてくれよ可愛いんだから…。


音楽3つ
各物語でその世界にあったBGMがあるのはGOOD。雰囲気も非常に合っている。
戦闘BGMも使い分けてる当たりもはやRPGのような感じ。
タイトルBGMの「わたしを待っている世界へ」から最後のBGMが「わたしたちを待っている世界へ」というのも素晴らしい。
OPは独特で静かな感じ。正に物語の世界に飛び込むような歌詞、曲調だった。
EDも歌詞がまさに冒険後という感じがして良かった。


Rシーン2つ

各ヒロインにHシーンがあるため、数自体は非常に多い。
特に良かったのがメフィストや詩織。…というよりメフィストはもう立ち絵の時点でエロいけども…。
ただ、Hシーンの内容がR18のソシャゲのようなイメージだった。
メフィスト ガールズブックメイカー
この服どうなってるの

総合82点
物語世界の冒険を通じて主人公も目指す場所を見つけるという成長要素もあった今作。
正直アイギスとのコラボという印象しかなく期待はほとんどしてなかったのだが、普通に楽しめた。
ハーレム系というのを目をつぶれば中々良作ではなかろうか。

妖精司書 ガールズブックメイカー
追記 どうでもいいけど妖精司書可愛すぎない?
スポンサーサイト
  1. 2019/06/09(日) 18:27:51|
  2. エロゲ感想 2019年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<抜きゲー× 拷問ゲー〇 | ホーム | アイギス版のルパン三世>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://5nemu5.blog33.fc2.com/tb.php/3167-39388435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)