FC2ブログ

穹が凪ぐ音の夢

エロゲの感想や自分の一日を日記みたいに一生懸命、書いてます。

エロゲ感想 プリンセスディフェンダー~精霊姫エルトリーゼの物語~

以下個人的感想
ネタバレあり
駄文注意










































プリンセスディフェンダー

NineBirdHouseから2018年5月に配信された作品。
ゲーム性のある同人エロゲということもあり、興味を持ったためやってみた。

今作は2Dのラインディフェンスのような感じとなっており、敵を倒しながら進撃していき相手の陣地(クリスタル)を全て壊すか、ボスがいればそのボスを倒せばクリアといった具合。逆にこちらの陣地がとられる、主人公・エルトリーゼが3回HPが0になると敗北となる。



評価点
なんといってもゲーム性の面白さは同人エロゲの中でもかなり高い。
迫りくる敵を倒し、陣地を制圧するシステムはただごり押しで突破できるわけでもなく、ちゃんと考えながら攻略していかなければならないため戦略性がかなり高い。
加えて戦闘時のコマンドも豊富で兵士を呼び出したり、精霊で魔法を打ったり、必殺技を放ったりなどもあり戦略性の高さを後押ししている。
プリンセスディフェンダー 編成画面
自分でコマンドを編成できるため自由度も高い。

さらに経験値によるステータスの振り分けもできるため、ステ上げしてのリトライも可能。
難易度も5段階で調整できるため詰まったら難易度も落とせる新設仕様など、とても力が入っている印象を受けた。


次にR要素。
今作はバトルと敗北の二種類のRシーンがあるが、どちらも高水準。
バトルの場合は敵にやられるタイプだが種類もかなり多い。敗北は少ないものの徐々に堕ちていくエルトリーゼの過程もあったりしてレベルが高い。
またどちらもアニメーションとボイスありなため、かなり優秀といえる。
エルトリーゼ
可愛い


悪い点
バトル面だと兵士以外は手動操作のためカスタマイズした精霊を出す際にボタンの誤爆がかなり多かったのは難点。隣り合ってるとかなり押しづらい。

またストーリー性が少ないため、エルトリーゼ自体のキャラの魅力が伝わらず、ただただ犯され役という印象も受けた。


総合90点
(シナリオ☆1つ キャラ☆2.5つ 音楽☆1つ Rシーン☆2.5つ ゲーム性☆3つ)
同人ゲーでここまでのゲーム性のあるエロゲを作れるのは凄い。
絵も可愛いし、ここのサークルには注目したい。
次作もあれば是非購入したい。





スポンサーサイト



  1. 2018/11/29(木) 22:38:37|
  2. エロゲ感想 同人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<月末恒例エロゲ発売日 | ホーム | フランシュシュのCDに今週のエロゲ発売に。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://5nemu5.blog33.fc2.com/tb.php/2975-cf85ea39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)