FC2ブログ

穹が凪ぐ音の夢

エロゲの感想や自分の一日を日記みたいに一生懸命、書いてます。

銀色、遥か 感想

今日終わったゲーム2週間以上かかりました。

以下感想

ネタバレあり

















tone work'sの新作。前作「星織ユメミライ」もプレイ済みだったので購入



シナリオ☆2.5つ
長い、とにかく長い。先ほども書いたが仕事などでプレイ時間があまり取れない時もあったけどそれでもコンプに2週間かかった。
前作以上の超ボリュームな今作は「中学編」「学園編」「アフター編」の3つで構成されている。
中学編
まさかのエロゲで中学編。ただ中学要素があまりなく、給食要素くらいしか中学編を意識できなかった。
前半共通、後半各ヒロイン√となりここで付き合う(べスリー以外)ようになる。
中学編では付き合うまでがゴールなので結構初々しい仕草が見られる。
べスリー√のラストの展開や雪月√での兄としての葛藤は特に良かった。
ただ正直中学編はいらないかもと少し思ったり…。
学園編
ここからRシーン追加。これ以降ずっと各キャラ√となる。
椛の演劇やべスリーの雪まつりの踏み鳴らして作る雪の結晶などは印象に残ってる。
アフター編
大学&社会人編。√ごとに主人公の目指す夢が変わるのがなんか人生らしくてよかった。
べスリーの大学編は一番面白い。やはり悪友系がいるのといないとではだいぶ違うのだな。
雪月のローマ編もよかった。主人公の仕事が成功すると結構嬉しく感じたりも。
全体的に、べスリーと雪月は特に面白かった。
ただ前作であったような結婚後のシナリオがないのが残念。
また結構重要場面でダイジェストが多かったのも×

キャラ☆3つ
雛多は間違いなくヒロインを支えるサブキャラの方が似合ってると思う。ヒロインだけど名サポーター
それ以外は可愛い。特に雪月。雛多に抱かれて「ひゃああああぁぁぁ」は何回でもリピートできる。
後は付き合ってからの瑞羽のデレデレっぷりもたまらない。一番大人っぽいのにかなり甘えたり、小さいころから主人公のことを想い続けてる所がまた…。

音楽☆3つ
規格外。各キャラにそれぞれEDをつけてるほかイメージソングもある。
後EDの演出はまじで反則。特にべスリーと雛多。
べスリーの少しずつ広がっていく人との絆をEDのムービーで見事に再現されており感動した。
OPの銀色、遥かと挿入歌の夢の季節へは特にお気に入り。

Rシーン☆2つ
シーンも豊富。差分こそ少ないが各キャラ大体10シーン以上。服装もより取り見取り。
…ただ中学編から逆算すると18歳未満がいると思うんだけど…。

総合90点
よくある「フルプライスなのにボリュームなさすぎ」というのはあるが、「フルプライスでここまでやるか」と思わせるのは珍しい。
内容も悪くなく、夢に向かって成長する主人公とヒロインという構図がうまく描かれていたと思う。
良作。

スポンサーサイト



  1. 2016/09/13(火) 21:22:12|
  2. エロゲ感想2016年 (適当あり)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おおぅ…G… | ホーム | 来週はどう転んでも炎上>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://5nemu5.blog33.fc2.com/tb.php/2171-62af15e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)