FC2ブログ

穹が凪ぐ音の夢

エロゲ感想や日常を一生懸命、書いてます。

最近の遊戯王ARC-V

かなり個人的な感想+ネガティブなため注意。

約一年前、俺は遊戯王ARC-Vは凄い面白いと言った。それは紛れもない事実だったし、すごい楽しみにもしていた。
ただ最近は本当クソに成り下がり、今日の放送はもう最悪だった。主な要因は全部で3つある。

1 乱入要素
決闘中に他の決闘者が乱入するのはまああること。ゴッズでもディアボロ集団vs遊星戦でブルーノが乱入してたし。
ただシンクロ次元に入ってからはそれが不必要なまでに多すぎた。特に前の遊矢vsバレット戦は柚子を助けるという重要な場面でのセルゲイの乱入。そして今回の「大会決勝」「一度負けたジャックとの再戦」などの要素があるシンクロ次元での最も重要な決闘という大事な所での決闘に影響が起こる乱入。最悪ですわ。一番盛り上がるはずの決闘がまさに水を差された感じ。

2 バトルロイヤル
ここでのバトルロイヤルは多数決闘というよりもモンスターを即座に召喚して戦うことを表す、今のコモンズvsDCみたいなやつ。
これに関してははっきり言うなら

これポケモンじゃん。

なにもカードを使わずいきなりモンスターをシンクロして相手を倒す。1ターンでケリがつく分ポケモンよりたちが悪い。
もちろんこの方法は原作の記憶編やDMのデュエルクエストなどもあったがこれらはその時だけなため特に問題はないと思う。
ただ最近のはそればっかりになってしまい、肝心の決闘が少なくなってしまっている。

3 ネタ要素
今作は今までの遊戯王要素と同様結構なネタも多い。
ただこれらが目立ちすぎてせっかくのカードアニメが意味を成さない状況に。
ていうよりスタッフは「遊戯王ではよくあること」だからネタを多くしても許してもらえると思ってるのではないだろうか。
正直そんなキャラを目立たせたり、面白いネタはいいから普通に決闘してくれ。

以上3つ
結論としては

おい、決闘しろよ。

今までの遊戯王はちゃんと決闘はしていた。決闘要素に賛否両論が多いゼアルも決闘に関しては普通にやってたし、ストーリー重視のゴッズも決闘とストーリーのバランスが取れていた。
しかし今作は決闘要素がことごとくつぶされてしまいせっかくの遊戯王が台無しになってしまっている感がある。
もちろんセルゲイvsジャックやクロウvs黒咲などシンクロ次元でも好きな決闘はある。
ただそれでも…ひどすぎる。
シンクロ次元編はもう少しで終わるけども、せめて次の次元ではまともになってほしいものだ。
スポンサーサイト



  1. 2016/03/13(日) 20:19:41|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<甘えかたは彼女なりに。感想 | ホーム | tryにしょう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://5nemu5.blog33.fc2.com/tb.php/1988-7bdb2840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)