FC2ブログ

穹が凪ぐ音の夢

エロゲの感想や自分の一日を日記みたいに一生懸命、書いてます。

エロゲ感想 あまいろショコラータ

以下感想
ネタバレあり注意


























あまいろショコラータ
きゃべつそふとの新作。
ここのメーカーは全て購入済み。
今回はロープラだが、どうなのか…。



共通

獣人の可愛い店員達とカフェでバイトしたり、テスト勉強手伝ったりして交流していく…といった流れ。
ただ、凄く淡々と物語が進むため退屈感もあったり。
ヒロイン達は可愛い。背伸びしようとしてる千絵莉や天然純粋の田舎っ娘みたいなみくり等ハズレはない感じ。
BGMも西洋って感じがしておしゃれな曲多し。


千絵莉
千絵莉2 あまいろショコラータ

ロリケモミミ+しらたま絵+CV藤咲ウサ=犯罪級ロリ。
見た目はもう凄いロリロリだが、性格はかなり面倒な感じ。素直になれない子供。なんでもできる大人になりたいらしいが、見た目からして大人には見えない…。

そして話の内容は微妙。親に成長を見せるのかと思えばそうではなく、バイトリーダーに関してもそこまで重大に考える必要のない(これは苺華の説明不足とも言える)と色々拍子抜けすると所が多かった。
そもそも耳やしっぽが見れるって単に霊感が強いってことなのか?



みくり
みくり3 あまいろショコラータ

天真爛漫の超天然娘。田舎で閉鎖的に育てられたせいで知識は子供と同様。付き合う=結婚=子づくりと単細胞みたいなためか、付き合い始めたら平然と交尾交尾言いまくる。また特徴として未来視(神様の声)ができるのだが、何かの影響で未来が分からなくなるとすぐテンパってしまう可愛い所も。

ただ最後は「えっこれで終わり?」って感じになった。
初Hしてからはとんとん拍子で話が進み、あっさり終わった感じがして何か物足りない。両親との話し合いは良かったのか…?
みくり自体は明け透けな明るさを持つ魅力的なヒロインで凄く可愛いのに残念。





ハーレム

何故か惚れていきなり3Pするだけ。とにかく短い。
人と獣人は~とかそんなのお構いなし。そしてそれだけであっさり終了。
???とは… あまいろショコラータ

おまけの3番目と4番目埋まらないんですがそれは…。



シナリオ☆1つ

色々中途半端。
ヒロイン達の悩みも消えて、さあここから成長の証を見せるときだ…ってところでEDになってしまい、なんとも物足りない感じに。
みくりは結局神様の声は何だったのか、千絵莉√での耳やしっぽが見えるというのは単なる霊感の強さだけなのか…と色々想像できる設定が多いのにも関わらずそれらを投げ捨てたのは本当に残念。
Hに入るときもかなり雑。特にみくりは後半シーン集みたいな感じになってるのはキャラゲーとして如何なものか。



キャラ☆2つ

ヒロイン及びサブヒロインは可愛いのだが、どいつもこいつもめんどくさい性格。
千絵莉√における苺華も早とちりさせるような言動しといてその後スルーだしあまり良いとはいえない。
キャラデザは文句ない。



音楽☆1.5つ

イントロとか好きだけど、ボーカルが結構独特な感じがしてあまり好きではない。
BGMは割とおしゃれな感じがしてゲームと合っている感じはする。



Rシーン☆1つ

短いし、種類も少ないし、千絵莉は喘ぐときにゃんにゃん言うし、みくりは喘ぎ声微妙だしと色々酷い。
ロリすぎて千絵莉の犯罪臭が凄い。


総合62点

フルプライスならば…と色々勿体ない作品となった。
せめてサブキャラは攻略させてほしかった。

  1. 2020/02/19(水) 20:10:45|
  2. エロゲ感想2020年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そろそろあかん花粉

もうそろそろ花粉症発症の危険性がある今日この頃。
俺自身は花粉症なのかそれとも鼻炎アレルギーなのか分からないから何とも言えないけど、一応注意しとかなければな…。
毎月飲んでる花粉症に効くオレンジジュース飲んでるんだけどそろそろ買い始めるか…。

仕事で上司が引継ぎ用に作ったマニュアルが酷すぎて言葉にならない件について。
ただ写したものをマニュアルって言い切る勇気はいらないなあ(怒)
流石にイラッときたので明日文句言います。これくらいの権利はあるはず。というか本当なんなの?引き継がせる気ないならさっさと言えや。部署変更届だすから。

今やってるあまいろショコラータもそろそろ終わりそうで、またランス再開になりそう。
でも同人系もちょこっと触っておきたいかなあ…色々気になるのあるし。
何はともあれ明日も仕事だ。
  1. 2020/02/19(水) 00:23:38|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロゲ記事その1 ~低価格エロゲの話~

「エロゲは高い」というのはエロゲーマーなら最早常識である。かくいう自分も新作のエロゲを複数買うと軽く2~3万持っていかれる。
しかし時代は変わっていき、やがてよく知られる大手メーカー等が出し始めてから一気に拡散していき、現在は色々なメーカーが低価格のエロゲを出すようになった。
おそらく今後も安いエロゲは増え続けるであろう。


じゃあそもそも低価格(ロープラ)エロゲとはどんなものなのか。



〇ロープライスの種類


エロゲの値段は
・フルプライス(9,000~10,000円前後、フルプラ)
・ハーフプライス(4,000~6,000円くらい、ハープラ)
・ロープライス(3,000円以内、ロープラ)

といった違いがある。
そしてロープラではそこから細分化すると以下の種類に分けられる。(種類の名称はあくまで自分のイメージです。)



1 単体解決系

その名の通り単独で話が解決しているゲーム。
ヒロイン1人たまに2人くらいで話が展開する。
選択肢もほぼ無く、一本道が当たり前なため「ゲーム」というより「ラノベ」を読んでいるイメージに近い。
短い分、深いシナリオは期待できないが、気に入ったヒロインとイチャイチャしたいという人にはお勧めできる。

(canvas、とこはな等)



2 連続展開系

1本で終わらず数か月後に新しく2作目、3作目と続いていくゲーム。
ロープラでありながら同じ世界観を連続して続けることができるため、最終的なボリュームはフルプラと同じレベルまで持っていくことができ、シナリオゲーとして活かすことも可能。
ヒロインは1本ごとで変更されることが多い。今作ではサブヒロインだったけど、次作はメインヒロイン…といった手法がよくとられる。
言ってしまえば個別ルートを分けて販売した感じ。自分事だが、よく「2作目だけど楽しめます」とか書いてあるゲームもあるが、できれば1作目からやるべきだと思う。

(ぱれっと「9シリーズ」、feng「セイイキシリーズ」等)


3 追加シナリオ系

フルプライス等の本編にさらに追加シナリオを加えたパターン。有料追加パッチみたいなもの。
ロープラもあれば、4~5,000円くらいするものもある。
大体が人気キャラのアフター、たまにヒロイン昇格といった内容。
種類自体はかなり少ないが、特定のメーカーがよくやる手法。

(HOOKSOFT「mini FD」等)



4 抜き特化系

実用性特化。ロープラが流行りだす前から一定のメーカーで作られている印象が個人的にある。
とにかく「抜く」。これ一点に関してはコスパ最強クラス。
種類も豊富で、凌辱、NTR、イチャラブ何でもあり。好きなジャンルを探そう。
表紙で明確に判断できるためハズレを引きづらいという所も有能。

(アパタイト等)



ジャンルとしては以上となる。もっと細分化するとさらに種類が増えそうだけど、まあ大体こんなものだろう。
(そもそもロープラメーカー全て知ってるわけじゃないし…。)



〇ロープライスのメリット

ではこういった低価格のメリットはなんだろうか。


1 値段が安い

これはもうシンプル。値段が安いことである。
フルプラの約3分の1で購入できるロープラは財布に非常に優しく出来ている。
ロープラにおける最大のメリットであり、これこそがロープラの存在価値だろう。


2 時間がかからない

ロープラ1本を大体1日以内でクリアできるため、時間がない人でも楽しめる。
選択肢もほとんどなければオートで読み続けることも可能。
忙しい人ならではのメリットといえる。


3 無駄がない


ヒロインが一人のみなため嫌いなら買わず、好きなら買うといった取捨選択もできる。
また万が一つまらないゲームに当たったとしても、値段が安いためダメージを軽減できる。(ただし0未満にはならない)
自分に合いそうなゲームをピンポイントに購入できるのはGOOD。



〇ロープライスのデメリット

逆にロープラのデメリットも当然ある。
特に連続展開系はデメリットも多い。


1 ボリューム不足

先ほど「時間がかからない」ことをメリットに挙げたが、これはデメリットにもなる。
ロープラゆえに短時間で終わる分、あっさりと終わってしまい何も心に残らないパターンも多い。
気に入ったヒロインの話やHシーンがもっと見たいのに見れないというもどかしさも感じることもある。


2 販売間隔

これは続きがあるエロゲによくあるパターン。
最初に1作目が発売され、暫く経ってから2作目発売となるためそれまでの内容を忘れてしまう可能性があったり、時間が経つにつれてプレイするモチベーションが下がったりする。
再プレイするという簡単な対策はある。ただあまりにも長い期間でなかった場合、それだけでイライラすることも。
(ただし、フルプライスにも同じようなことがあるため、一概にロープラだけがという訳ではない)


3 セット販売


値段はロープラだが、特典とセットにして値段を上げるパターン…ではなく、ロープラ1~3作目を纏めて売りつけることを表す。
そこまでなら、買ってない人向けと思えるが、そこに各ロープラのアフターシナリオやヒロイン昇格をつけるとなるとさあ大変。せっかくロープラを購入していたのに、そのアフターのためにそのロープラセットを購入することになる。
最近だとヒロイン一人追加の為に値段がフルプラクラスになるなどの売り方もあったりする。これに関してはロープラのデメリットというよりメーカーの売り方という問題もあるが…。
究極的に悪い例だと各ロープラとロープラセットを購入しないとアフターがプレイできないという告知もあった(さすがにこれに関しては途中で変更になったが)
(フルプライスにもセットはあるがアフターも兼ねていることが多い。)


以上が良い点悪い点である。



〇低価格に関して思うこと。

個人的に賛成3割反対7割。
確かに今の時代、フルプラは値段が高くて手が出ないユーザーも多く、そのために安いエロゲを出すというのはとても合理的だと思う。キャラゲーとしてなら1作買うだけでも十分お得で、時間もかからない。
ただ最近は売り方が汚い。
ロープラとは元々安いはずなのに、それを豪華版などの仕様にして値段を跳ね上げさせている。例を挙げると抱き枕カバーをつけて3倍以上の値段にしている。最早食玩か何か。
もちろん買わなければ良いわけだし、凄い悪い事ではないのだが、エロゲがおまけみたいな感じで売られるとなんとなくモヤモヤしたりする。

後、一番納得いかないのが連続物でロープラ全部出して完結させた後、1か月ほど経って全部入りセットを販売すること。そこにアフターシナリオがついてますという触れ込みがあるともう最悪。
せめて1年くらい間をおいてから出してほしいと思う。流石に間髪入れずに出すのはありえない。だったら最初から纏めて発売させれば良いのではないか?
ロープラは手軽に買える分、メーカーも手軽に売らせようとしている節がある。メーカーは手を抜いてはいかんでしょう。というかセット販売してるとそれこそロープラの方買わなくなるし。

一番理想的だと思うのは、販売後に購入者限定にアフターシナリオの無料パッチを期間限定配布し、1年後くらいにそのアフターパッチ+ロープラのセットにしてくれるとありがたい。まあすでにやってるメーカーはあるけど。


結論は「ロープラも出すのは良いけど、まとめセットにアフターシナリオ等混ぜるのやめてくれ」ということ。
重複して買わせるのは普通に財布のダメージも大きいから考慮してほしいかな…。




〇あとがき

いかがだったでしょうか。初めてこういう記事を書きました。
良くわからない所も多々あったかと思いますがご容赦ください…。

何か意見があれば遠慮なく申して下さい。
こういった記事は不定期でやっていく予定です。
あれやってほしいこれやってほしいというのもいつでも募集しております。

最後にここまで読んでくださりありがとうございます。









  1. 2020/02/17(月) 22:04:29|
  2. エロゲ版
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古いエロゲも新しいエロゲも。

最近は新作購入ばかりで古いエロゲはあまりやってない。
というか新作終わったらランスやってるから手を出せないんだよね…。
ランスが終わり次第また何か探そうと思うけど…何をしようか…有名どころはまあやってる方なんだとは思う。家計とか車輪とか…。まあランスが全部終わって無いのにそんなこと言ってたってしょうがないけども。

まあランスやってて思うんだけどやっぱ古いゲームも面白いんだよね。確かにシステムが大雑把な所もあれば、凄く古臭い感じがする奴も多いけど、それでも何か惹かれちまう。やっぱ魅力ってあるわけよ。
その点暗にリメイクしちまうと事故る可能性も出てくる。家計とか正にこれだったし。…誰が原画、声優一新したリメイク出せって言ったよ…。まあ俺は買いもしなかったんだけど。…体験版の時点で割ときつかったし。

だから食わず嫌いは駄目よって話。
まあそこらへんは時間が空いたらおいおい。

明日はまた仕事。しかも全体朝礼ときたもんだ。
最近業績とか会社内の雰囲気も悪いし、また社長のお怒り炸裂なんだろうなあ…。
  1. 2020/02/16(日) 23:42:42|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロゲ感想 神様のしっぽ~干支神さまたちの恩返し~

以下感想
ネタバレあり注意

























神様のしっぽ

DESsERT Softの新作。
前作のトメフレは購入、プレイ済み。
今回はヒロイン13人とか最早物凄いことになっていますが果たして…。
というか多すぎません?十二支だから仕方ないけども。


共通

十二支ヒロインとの家族結成までの序章。
寒いパロネタギャグは苦痛な所もあったが、動物と人間との関係性を濃く表した後半は中々に良かった。
ちづの言い分も良くわかるし、そりゃあ人間嫌いにもなるわ。

十二支を擬人化させるとこうなるのかと言った感じでヒロイン像も想像しやすい。
それ故にヒロイン数が12+1と非常に多いが、全体的に空気なキャラも少ないような気もする。(先生方はちと出番少なめだが)

ただ、場面場面でもう少しCGの差分を使い分けてほしかったかな。
CG酷い 神様のしっぽ
もう少し使い分けするとかな…。





ちづ
ちづ 神様のしっぽ
序章では最後までツンケンしていたが、抱えてたものが消えたお陰で最初からデレデレ。
いたずら好きで嫉妬深いなど子供っぽい所も多い。そしてそれにつられて主人公もいたずら好きになる。
色々迷惑かけまくる問題児なのだが、過去が過去なだけにどうしても嫌いになれなかった。






はるか
はるか 神様のしっぽ
ほんわかな優しい巨乳お姉さん。
元が牛だからかかなりののんびり屋で、基本怒らない女神のような方。そして意外と努力家で、見た目通り騙されやすい性格だったりする。
ちづのために慣れないプリンを作るところまでは良かったが、最後の隠し味が自らの母乳とは…まあ予想はしていたけどもね。牛だし。






あまね
あまね 神様のしっぽ
服装エロすぎひん?

裏表のある生徒会長。ただ実際は裏の顔であるお嬢様のような雰囲気がほとんどで、本当の乱暴な口調の虎らしい怖い性格はほぼ出てこない。正直あまねの本当の姿も見たかったりもしたが。
元サーカスの団員だったために話もサーカス関連が中心。歌も好きでステージ衣装も中々様になっていた。
ただ、虎らしいところが少なかった気もする。






みゆき
みゆき 神様のしっぽ
寂しさ故にいつでも人に尽くしたいという想い故にメイドをしているヒロイン。そんな彼女が依存せず、真っ直ぐ歩いていけるかがこのルートの肝となっている。
ただまあみゆき自体の死の原因が余りにも悲しすぎて、依存も無理ないかなとも思う。ガキ共は死んで良し。
笑顔が優しく、癒され系。ただ風呂に入ってくるなど大胆な所もあれば、動揺してすぐ逃げてしまう辺り情緒不安定な所もあったり色々な一面が見れて良かった。






ききょう
ききょう 神様のしっぽ
CGがドラゴンになった奴ばっかだから立ち絵…。

ぶっちゃけロリババア。
永い時を生きている竜のせいか、特に過去に重大な何かあったわけでもなく、ひたすらに秋成をからかう態度を見せる。しかし、他の家族を陰ながら支えたり、子供達の遊び相手になる等面倒見のよいおばあちゃんといった印象も見受けられる。
そのしっかりとした年長者というイメージが強い一方で、秋成の膝の上が好きだったり可愛らしい所もあったりもする。
唯一、死因のトラウマが存在しないヒロイン。





れいこ
れいこ 神様のしっぽ
この服装…(2回目)
ヘビというよりズボラなマッドサイエンティスト。あらゆる薬品を作っては秋成に実験させようとするある意味危険人物。ただ失敗した時は反省するあたりそこは大人らしさがある。
見た目は今作1.2を争うレベルで好き。ヘビらしさがHシーン以外ろくに発揮されなかったのが残念。





じゅん
じゅん 神様のしっぽ

幼馴染だが前世が馬と良くわからない感じ。なんで午の神が幼馴染なのかの説明も結局なかったし…。(苗ノ章で一応の説明はあった)
元気娘らしくかなりの体育会系。過去のトラウマが原因で走れなくなるものの、秋成が割とあっさり克服させてみせた。…あっさりすぎな感じもするけど。
結構照れ屋な所は可愛らしくて好き。





さゆり
さゆり 神様のしっぽ
最初から明確に秋成が好きという立ち位置。ただ妄想が多く引っ込み事案な典型的なむっつり。
妹たちもさゆりお姉ちゃん大好きという可愛さ増し増し。姉妹喧嘩の後のさゆりの姉らしい行動も魅力増し増し。
キスしてからタガが外れたように積極的になるところは凄く良かった。モコモコ全裸は笑ったけど、最終的に一番エロい。





たかみ
パロネタ 神様のしっぽ
今作のパロネタ要因
まんまオタク…というより今時いないであろう「ゴザル」口調のオタク。…猿っぽい…いや猿だからか…。
死因がもっとも下らない感じな上、シナリオの中身も他√と比べるとさらに無い。秋成がいきなりたかみを襲うというもはや鬼畜の所業。(挿入まではいってないけど)
恋愛に至るまでもかなり雑な上、ネット炎上もそもそも自業自得。キャラといいシナリオといい残念の一言。






みそら
みそら 神様のしっぽ
忘れっぽい酉の神。というより鶏だからね…。
飼われてる鶏ってあんまり飛べないんじゃというのは禁句。飛ぶ努力の場面が短すぎる。
そして先生っぽくない先生、生徒からいじられる慕われ方をされるが、みそらが天然だから仕方ない。ただあきらとたかみの喧嘩に介入する鳥姿のみそらは小学生の先生みたいな感じもして可愛らしい。





あきら
あきら2 神様のしっぽ
戌らしく、主であるあまねに忠実。しかしそれ自体は生前がきっかけだったり。
あまねとの主従関係だけでなくお互いに助け合う家族に変化していく話となっている、執事である事のあきらの葛藤や、剣道を通してあまねがあきらに自らの想いをぶつけていったりと中々に濃い話だった。
また唯一3Pがあったりする。そして地味に時間経過型ツンデレ。

3人 神様のしっぽ
結構好きな3人





あんこ
あんこ 神様のしっぽ
十二支で一番子供っぽい末っ子のような感じ。猪だけに猪突猛進だが、それだけ感情豊かで純粋でシンプルに可愛く感じる。
過去のトラウマに目の前で母親が殺されたりするなど割と深いのに結局トラウマは解決せず、子供すぎて分かりやすく恋愛に発展せずといった微妙な感じ。しかも秋成寝込み襲う鬼畜野郎だし…。
ただただあんこが可愛い。にーに、ねーねとかの呼び方も、ヤキモチ焼いてすねたりする所が特にクる。





苗ノ章(トゥルー)
蓮華3 神様のしっぽ
苗と書いてねこと読む。今作の実質真ルート枠で蓮華√。
主人公・秋成の正体が猫というのは何となく感づいてはいた。ただそれだと今までの話が色々矛盾するから…と思ってたけどまあやっぱり猫でしたと。
まだ動物だった時の十二支との別れや、十二支が改めて競争のために動物に戻るシーンは今までと違いかなりシリアスだが、非常にグッとくる展開だった。
そして秋成の不運が凄まじすぎる。猫の時は友人のねずみに騙されねずみを憎み、もう一度チャンスをもらい動物と話せる人間に転生したが今度は触れ合っだ動物は全員死んでいく…とかもうどうしようもないでしょ…。最も、本編ではそんな様子がほとんどなかったんだけども(十二支に記憶消されてるし)
最後はせっかく上げたシリアスが出来レースの無理矢理展開な感じなったのは微妙。…いやゴールが家の時点でもうね…。
後半は雑だったが、エピローグを見た感じはまあ理想的な結末に済ませたかなと思う。動物から人間に戻るところは少しばかり適当すぎたが。

蓮華 神様のしっぽ
蓮華に関しては幼いころからずっと秋成のそばにいて支え続けたというもうさっさと結婚しろレベル。
巫女服もいいんだけど、デートの服もまた可愛いんだよね。
性格も大和撫子のような感じで癒しも提供でき、叱るときは叱る…理想嫁まったなし。








シナリオ☆2つ

ヒロイン13人と多いために個別√は短い。それも所々が雑な展開も多かった。(特に申ノ章、巳ノ章、亥ノ章)
だが、死因によるトラウマから立ち直り、負けずに生きていく姿を短い話でまとめ上げた√もあったのでそこは〇。(主に子ノ章、戌ノ章)個人的に自らの生き方を見つめなおし、主従だけでなく家族としても繋がっていくあきら(戌ノ章)は面白かった。
苗ノ章の序盤の別れの展開も好きだったが、最後がグダグダになったのは本当に残念。
後はネットスラング的パロや寒すぎるギャグが序盤にあったのはやっていて辛かった。



キャラ☆2.5つ
ヒロイン12人 神様のしっぽ

ヒロイン13人だと所々フェードアウトするキャラもでるのでは…と思っていたがどうやら杞憂だったらしい。
どのヒロインも満遍なく出ており、空気キャラというのが一人もいなかったのは高評価。
さゆりとかれいことかが特にお気に入り。蓮華もかなり好き。
主人公の秋成は鬼畜まがいの行動をとったりするから正直あまり好きになれなかった。(特に申ノ章、亥ノ章とかはもはや最悪の行動)
ただできればみるか、うるかの双子の立ち絵も欲しかった。
デフォルメ 神様のしっぽ
デフォルメも結構好き。

音楽☆2つ

OP2種類とも中々。1stの「神様のしっぽ」は十二支とのわちゃわちゃ楽しい日々をイメージした曲、2ndの「つよくむすんで」は決して壊れない家族の絆をイメージした曲のように思えた。個人的に「つよくむすんで」はかなり好き。
あまねの挿入歌の「暗闇と願い星」はいきなり流れて驚いた。歌詞自体は動物から十二支の神となったあまねの心情がすごく伝わってくる素晴らしい曲。



Rシーン☆1つ

まあこれは当然なのだが、シーン数はかなり少ないうえ短い。
そこはヒロインが多すぎる弊害とも言える。
唯一の評価点はその動物にあったシーンがあったくらい。(主にさゆり)


総合80点

正直そんなに期待してなかったが思ってた以上には出来ていたと思う。
結末も前作と比べると割と良い所に収まってるし。
後は序盤ギャグのつまらなさや露骨すぎるパロも控えめにしてくれれば…。
本当ここのメーカーは最初の展開がきつすぎる。
でもまあそれでも十分かな。

  1. 2020/02/15(土) 13:27:23|
  2. エロゲ感想2020年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロゲーマーになって長い。

もうかれこれ10年経ってますわ。
懐かしいなあ…最初にやったエロゲはD.C.W.S.だっけ……あの時は1日徹夜してフルコンプしてたわ…。なんでFDからだって?D.C.P.S.やってるから大丈夫だと思ったからです。
その後は友人からけよりなとかリトバスとかTo Heart2借りて、やがて自分で買い始めて、新作購入し始めて、感想書き始めて…んで今に至る…と。
結局あのころから何も変わってないんだよな。まるで成長していない…。
まあ自分はこんな人生しか歩めないんだなと思い、そのまま歩き続けることにします。最期の時は多分後悔するのかもしれんのだけども。

そういやバレンタインとかいう珍妙なイベントがあったらしいですね!!!!
僕はそんなん興味ないです!!!!!ええ!!!!
甘いもん嫌いだしねええええええ!!(強がり)

明日から土日の週末休みだし、ゆっくりしよう。
  1. 2020/02/15(土) 00:13:18|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嫌な気分とかろうじて良い気分。

うちの会社の社長がなんか俺がいない時に俺の事を話していたらしい。それがどうもマイナスなことを話していたらしく、しかも他の社員に聞かせるように言ってたという。……社長に言われたらおしまいよそんなん。というか、たしかに悪い所もあるかもだけど、そもそもそれが原因なのあんたが可愛がってる使えねえババア上司なんだけど、そっちには何の落ち度もないんですかね?ていうか直接俺に言うだろこういうことは。なんで他の人に言うんだよ…。あーもう馬鹿じゃねえのまじで。本当上層部腐ってるわ。

とかなり鬱気味で仕事をしていて、久々に次の日仕事がある日にビール買ってる始末。飲まねえとやってらんねえわ。

ただ前もらったDMMフェスティバルのポイントをスタートダッシュセットに使い、そのガチャでラピス様が来たのは唯一の希望。本当こんな奇跡ってあるんだな。少し気分良くなった。

ただまた明日仕事か…。なんかなあ…もうどうでもよくなってきたわ。
結局、金魚のフンしてるクソババアばっか評価されてこっちは何も評価されんのね。やってらんねえよ。
さっさとつぶれろクソ会社。
  1. 2020/02/13(木) 23:51:21|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぐわーー筋肉痛ぐわーー!

昨日のライブのせいか右腕が痛い…左腕も少し痛い…これは…筋肉痛!?
…まああんだけキンブレ振り回してればこうなるわな…。
しかも疲れも取れてないし、色々だるいわ…。

そしてそんなこんなで仕事は当然のように残業。
相変わらず人に仕事を押し付けて、ヘラヘラするふざけた部長から仕事を押し付けられ残業。
本当早く定年退職しないかな…なんでこんな使えないのヘッドハンティングしてきたのか…これなら前任の部長の方が一億倍ましだったよ…。株なんざやってんじゃねえよ。

まあ家に帰ると増えた音夢グッズが待ってるからいいんだけどね!これで一日のストレスもチャラだぜ。

最近色々忙しかったせいかエロゲが少し停滞気味。
どんどんやっていきたいんだけどなあ…最近時間もなあ…。
  1. 2020/02/13(木) 00:26:37|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

D.C.S.L.2に参加して。

今日はD.C.S.L.2こと「D.C. SUPER LIVE Ⅱ~ダ・カーポ スーパーライブ2~」に参加してきました。
まあ今日は整理券のために前日ビジホに泊まったんですけどね。
そして早起きして時間前に整理券待機列に並ぶことができました。そして結論から言うと…。

わざわざ早く来なくても大丈夫だった。

そもそも時間ギリギリになってもまだ整理券配ってたしどうやらかなり余裕があった模様。
ま、まあ物販はな!物販はもしかすると売りきれが…

余裕でした。

D.C.タペストリーも余裕の確保。普通に3つ買えました。
缶バッジにかんしては3度チャレンジしたがダメ…。結局交換してくれる方を探して何とか音夢の缶バッジを獲得できました。(交換してくれた方本当にありがとうございました。)

そして時間になり開演。チケットはAのエリアで一番近いSより一つ遠い。ただ早めに支援してたおかげで整理券ナンバーが早く、先頭を確保することに成功。そして開演まで待ってましたが…いやー狭い。後ろからだいぶ迫られてて凄く狭い。本当先頭で良かったと思いましたよ…。
その後も開始時間も少し遅れ、隣の人と「遅いですねー・狭いですねー」等会話してたら、突如スタート。

最初はD.C.Ⅲ
最初からOPは飛ばすねぇ…と思いながらハイテンションモード。かまわずブンブンキンブレを振り回す。
そしてなんとシークレットにえみつんこと新田恵海!?まさかのゲストに衝撃。さらにテンションが上がる始末。

次にD.C.Ⅱ
これもこれで良かったんだけど、「ダ・カーポII 〜あさきゆめみし君と〜」や個人的に好きな「Especially」がなかったのは心残り。
FDが多かったのも印象的。

そしてD.C.これが本命。
開幕「サクラサクミライコイユメ」からもう最高。そしてアニメソングがあるならもしかしてシークレットはワンチャン…とも思ってたり。そしてうたまる絵描き歌で癒された後の衝撃ときたらないね。

「久しぶりだね」

これを聞いた瞬間思わず叫んでしまった。条件反射?いや愛だ。

そしてイントロと共に出てくる一人の声優…

野川さくらだ…

野川さくらだ…!

音夢だ…!!!

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!
音夢だ!!!音夢だああああああ!!!さくにゃんだああああああああああああああ!!!!!!

空前絶後の大爆発。あまりの感情の高ぶりに泣いてしまう俺。
あの時ばかりは究極すさまじいテンションだった。本当生きててよかった。
しかも「Special Day 〜太陽の神様〜」とかもう音夢がカバーしてくれた曲じゃんか!!もうさ…最高で最高で…!!
この時ばかりはジャンプジャンプでブンブンブンブンキンブレ炸裂。本当先頭でよかったよ…。


そして次はまさかのD.S. ありかよこれ。
2曲だけだったのは残念。次はFDのOPも頼む。


そしてD.C.4
やはり良曲多し。というより曲数少ないからね。
「恋するMODE」が聞けたのは本当嬉しかった。

アンコール&Wアンコールも良かった。てかWアンコールなんてあるんかい…。
「桜並木ストーリー」も良曲だしよかった。
最後の最後で「ダ・カーポIII 〜キミにささげる あいのマホウ〜」はかなり良かった。

最後はD.C.4のFD決定となって終了。

今回のライブは個人的に運が良かった。
先頭にこれたというのが一番。中間とかだと余り楽しめなかったと思う。というより多分キンブレ振り回せなかったし。
ただ今後は
・会場のキャパを考えて、チケットだしてほしい事。(狭いため)
・予定時間約1時間オーバーはやりすぎ
とか考えてほしいかな。

まあでも音夢こと野川さくらさんが来てくれたので、満足度は1兆点とします。
ライブ自体も物凄く楽しめたしね。

本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。
  1. 2020/02/12(水) 00:13:15|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豊洲にピットイン

今日はライブ前日ということで豊洲のビジホでお泊り中。
ぶっちゃけ距離的に始発で行けば間に合いそうではあるんだけど、寝坊する可能性を考えるとまあ現地待機してた方が良い。うん。…この話何回目だ…?
というわけで明日の準備もしっかり済ませ、整理券確保のためにそろそろ寝るとしよう。

明日はとりあえずは整理券とった後はどうするかなと感じ。
まあ物販が13時開始だからそれまで適当にぶらつこうかな…それか満喫で身体休めるか…。
最近手も乾燥気味だし、色々だるいし、体調もわずかなながら悪いからね。
…手は関係ないか…。

という訳で明日はD.C.ライブ。
いやーここまでわくわくするライブは久々だなー!
期待だなー!
  1. 2020/02/10(月) 23:34:30|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ