FC2ブログ

穹が凪ぐ音の夢

エロゲの感想や自分の一日を日記みたいに一生懸命、書いてます。

大幅変更制限改定

ついに制限改定が来たけど…
なんだこりゃあ!!
悉くあかんことになってるじゃないか!

ドラグニティ…スチーム禁止で4枚シンクロソリティア軸は終了。
まあでもヴァレルS、クリスタル、アビス並べられるからまだまし。

U.A.…インヴォーカー禁止でベイゴマからのファンタジスタのアクセスが不可能に。
構築を大幅変更する必要がありそう。


幻奏…ダメージなし。


恐竜竜星…グロバ禁止、ハリ制限が痛い。特にグロバ禁止はヴァレソルート潰されたのが向かい風。
ボウテンコウ準だけど構築的に複数枚必要としないため特に意味はない。無制限になればあるいは…。

サンダードラゴン…ダメージなし。おそらく今後環境をとりそうな感じがする。


芝刈りヴェンデット…ダメージなし


こんなもんか。
恐竜竜星とU.A.が痛い。
特にU.A.はインヴォーカー頼りにしてた所もあったし編集しなおさねばならぬ。


しっかし思い切った改訂だな。
ただこれくらいやってくれた方が面白くていいわ。
  1. 2018/12/11(火) 01:35:15|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロゲ感想 アメイジング・グレイス

以下個人的感想
ネタバレあり
駄文注意























きゃべつそふとの新作。
アメイジング・グレイス
前作も購入し、今回は「もののあはれは彩の頃」のライターが書いてるということで購入。
シナリオはほぼ一本道。(なお各章の感想は今回その時に感じたことをリアルタイムで書いてます)





第1章~3章
プロローグらしいキャラ紹介など。
街以外全て消えた世界感って結構怖いな。
…絵柄や雰囲気は明るいのに背景は滅茶苦茶暗いぞこれ。
そして発生する世界の終焉。
タイムリープ物だというとおそらく何度か繰り返すってことだろうか。
となると今までの日常も伏線だった可能性も高いってことだろう。
なるほど中々面白くなってきた。











第4章(キリエ)
キリエ アメグレ
爆発好きな少女。
どう考えてもシロだろうという予想。
何故かこのルートはキリエが男前で主人公が女っぽいという逆転現象が面白かった。
そして以外にも押されると弱いところも魅力的。
ただ√自体はモニタールームがあったり、下水道があったりさらに謎が深まるばかり。
外の出口はなんかしら後であんのかな?
キリエ2 アメグレ
めっちゃイケメン…。






第5章(シスター・リリィ)
シスター先生。
怪しさ第2位。なんとなく棒読みなんだよなあ…どうして攻略できないんだ…。
しかし怪しいねえ…今回は特に怪しい。
てかラジオのあれってシスターじゃね?







第6章(店長)
店長。それ以上でもそれ以下でもない。
ただ「記憶喪失」「絵の才能がない」などが主人公と共通しているのが気になる…。
もしかしたら主人公と店長は同じようなものなのかも…。










章7第(サクヤ)
サクヤ アメグレ
きょぬー後輩。
実は一番怪しいんじゃないかと踏んでいる。少なくともタイムリープに影響してるような気がする。
藤咲ウサ特有のゆっくりした蕩けるボイスは最高。「先輩のスケベ」とか反則ものでしょそれ。
サクヤ3 アメグレ 2章
酔ったときの「しゅきぃ…」とかもうすんげえ可愛い。
今回は地名やどうやって入ったかというのが分かった。相変わらずリリィ先生が怪しい…。
ただサクヤもまだ怪しい感じはする。Rシーンなかったし。
てかもしかして兄妹とか?
サクヤ2 アメグレ 2章
どうでもいいけど寝巻姿やばくないです?










第8章(ギドウ)
謎先輩。
ある意味一番怪しくない人かと思いきやなんか疑念が残る結果に。
意味わからない先輩かと思いきや頭の構造は筋金入りの負けず嫌いという物凄くシンプルだった。
結局何故壊したのか、どこに失踪したのか…。













第9章(ヨウジ)
友人。
ただの悪友ポジかと思いきや予想以上にいい奴だった。
シュウの世界が滅ぶとか信憑性のない言葉を無条件で信じてくるところが凄く好きになった。










第10章(コトハ)
コトハ アメグレ
先輩。
いやーなに?色々反則でしょう?コトゴンとか、襲っていい?ってきて、はいもいいえも同じとか…「だーめ」とか…。
真面目な先輩だけどたまにぼろ出すところがいいんだよなあ…。
先輩の裸…最高でした。
コトハ2 アメグレ
怪獣コトゴン最高…!
一方でシナリオはだいぶ核心に迫った感じ。
なんとなくわかったようでわからない。
間違いないという点だと、「サクヤもタイムリープしてること」くらいで、予想は「シスターが指示されて動いてる」とか「店長も外の人物」
うーん面白くなってきた。









第11章~12章
いわゆる答え合わせ。
やはりサクヤか…という印象。
これに関してはヒントがすごく多かったためわかりやすかった。
ただプロローグのボイスレコーダー&ユネの髪はなるほどなと。疲れてるからできたということなのだろう。
そしてもう一人はギドウ先輩。まあ登場人物で唯一怪しいのは先輩しかいなかったしね。ある程度は予想できてた。
ただ二人は兄妹とは…てっきりサクヤとシュウが兄妹かと…。
負けず嫌いというキャラ設定もここを活かすためだったのかと納得。

…ただ完全に度肝を抜かれたのはなんと言っても…。
文字よめない アメグレ

文字。これは流石に声を出してしまった。ああ…なんで気づけなかったのか…!
これに関しては本当に凄い。ある意味エロゲだからこそできる手法だったと思う。
日常パートでおかしいところがあると思いきや「全て」おかしいとは思わなかった…!盲点だった。
素晴らしい。
文字 アメグレ
このCGが出た瞬間のマジで頭がスパークした。これはたまらないものがある。






結局どれもこれも芸術のために起こっていた事柄であり、すべての元凶は渡良瀬の親父。
これを立案した3人は手段や経緯がどうあれ、古き芸術を育てるという点では間違っていなかったし、事故も故意的なものではない。
ただ親父に関しては完全に私利私欲であり「治療費のために絵を勝手に売る」という最悪な奴だった。
あまつさえギドウ先輩を唆し世界を破壊しようとした行動は同情の余地なし。断罪されるべき。

以上が今作のストーリーをやってての感想である。



評価点
とにかく伏線の使い方は素晴らしい。
やはり一番は「文字が読めない」
これに関しては
・世界観が芸術を中心としていたため授業や町中絵が多かったため文字がないというのも違和感がない。
・映画には台本があるという常識。
などのトリックも多く完全に思い込みにしてやられた。本当に素晴らしい。
これは作中でも散々言ってた「自分にとっての非常識ではここでは常識」という閉鎖された町ならではの戦法だろう。

他にも赤リンゴのアップルパイやプロローグのサクヤの行動などもよく考えられている。


ちなみにテキストウインドウの色に関しては「もののあはれは彩の頃」で予習済みだったからあまり驚かなかった。


次にキャラの使い方。
今作は立ち絵ありキャラ全員に意味があった。
本来途中でフェードアウトしたりして真相を掴めないキャラも出てくるはずなのだが、どの人物も重要な役割をもっていた。
中でも
・爆発好きという設定をずっと演じ続けていたキリエ。(この要素もずっとキリエは演技は上手いという伏線はあった)
・ただの変態かと思いきや、本性はすさまじいほどの嫉妬を持つギドウ
・明らかに怪しいと見せかけて、中立だった今作のミスリード枠のシスター・リリィ
などは個人的に最初の評価から大幅に上がった。
真犯人 アメグレ
開幕出オチ半裸までした人がここまでの人だとは…。
でもやはり一番は。
・タイムリープで11週の間ずっと同じ行動をし続けて、それでも最後まで兄やシュウを支え続けたサクヤ。
だろう。正直すさまじいほどの精神力だと思う。
ヨウジは唯一最後に居合わせなかったが、「シュウの心の支えとなり、外側から見守る役」という親友ポジションの理想的配置でもあった。


後はエンディングの演出もにくい。
最後に各キャラのフルネーム出してくとか…。
そして最後の最後でリリィとアンナ…あれ姉妹なのかね。そこでこれを持ってくるとは…。




悪い点
解決できてない伏線もある。
結局あのモニターはなんだったのか、なぜりんごが出てきたのか、どうやってラジオをしたのか等…。

馬の所は美学に沿ってやったからわかるけども…。


そしてシナリオ終わった後のウイニングランが少々長い。
あの読後感からアフターをやるというのは少々だるく感じた。


以上が今作の評価である。





シナリオ☆3つ
伏線の回収方法や予想以上に練られた設定とどれも最高。
芸術という要素を最大限まで活かしたシナリオはとても素晴らしい。





キャラ☆3つ
捨てキャラが一切おらず、立ち絵ありは基本的にみんな好き。
…渡良瀬の親父はクソだけどね。
コトハ&キリエ アメグレ
超かっこいい二人。




主人公のシュウもとても真っ直ぐで好感が持てる。
一番好きなキャラはサクヤ。あの娘には幸せになってほしい。
サクヤ5 アメグレ



音楽☆2つ
OPは久々に聞いた佐倉沙織。相変わらずの超高音ボイスは相変わらず。歌詞も素晴らしい。
EDもサビの静かな曲調もGOOD。まさに終わりという感じがして好き。
またBGMもクリスマス特有の讃美歌が多く、雰囲気に合っている。


Rシーン☆1.5つ
ほとんどおまけ要素で本編に影響しない作り。
シチュ自体も少なくサクヤのシーンでなんか絵が崩れているようなところもあった。
ただユノがどんどんHになっていくのは面白かった。



総合91点
非常に練られた設定、謎が解かれた瞬間の爽快感。
これらを味わうのは中々最高な感覚だった。
冬茜トムさんは本当凄いライターだ。
このライターに関しては今後も追いかけていこうと思う。








愛しの君へ 明けない聖夜に祝福を
ユネ2 アメグレ
  1. 2018/12/09(日) 11:21:59|
  2. エロゲ感想2018年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

終わるかと思ったら長いというフェイク

もう少しで終わるかなーと思ったらそこから8時間かかってござる…。
終盤だからとなめてたらこれだよ!
いやーしっかし冬茜トムさんはあれだね、素晴らしいね。
というかアメグレの瞬間風速はかなり高かった。とりあえず感想は明日書く予定。

神プロでプレガチャ何枚かあったから回したらまさかのセト。
そして魔法石10連でクリスマス・ソル
…なにこれ?今かなりノってんじゃねこれ?
使うかどうかは分からないけどヒーラー二人確保できたのはかなりでかい。しかも風。
これはがっつり育てんとあかんな…。

そろそろねるかいね。
  1. 2018/12/09(日) 00:18:08|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くぁわいいコトゴン

あのCGは反則だと思った。
アメグレもようやく12章突入。
ようやく答え合わせってところまで来たが、まあ少しあってたって感じだな。
てか「長いことあってた気がする」ってのでまず怪しいって思ったし、露骨にRシーンないし、√後は明らかに反応違ったし。
ただプロローグの伏線は素直に驚いた。あれはなかなk…。
これ以上書くと感想書けなくなりそうだからやめとこう…それにまだ全部終わったわけではないからな…。

スマブラ発売らしいが俺にはまだ終わって無いゲームがあるからそれからだな。
「アメグレ」「家の妹」が終わったら買いにでもいこうか…。
最も、12/21には新作も出るしそれまでだけどな。

明日からはまた週末休み。
とりあえず明日にはアメグレも終わりそうだな。
  1. 2018/12/08(土) 01:44:16|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕事代わりのセミナー

今日は午後から仕事のセミナー。
本当は行く予定の人がいたんだけど行けなくなり結局俺が行くことに…。
まあまあためにはなったけど、これ俺が行っても意味ないんじゃないか?どうせ意見通らんし。

そして帰りも電車で帰っていたがここでまさかの人身事故というアクシデント。
しょうがないから徒歩1時間かけて家に帰った…。
…意外とこんなのんですむんだなと。

メンテ後アイギス起動したらいきなり石大量にプレボにあってびびった。
そうか、キャンペーン石か。ラッキー。
とりあえずとっとこ。

明日行けばまた週末だ。
  1. 2018/12/07(金) 00:39:49|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

灰流うらら!再!録!

SDソウルバーナーでとうとう、うららちゃん再録!
これは間違いなく戦争になるぜ…!なんせ遊戯王界のアイドルだからな…!あのデコ助は…!
ただここで再録したってことは規制かかる可能性もあるってことか…制限にでもなるんかな…。
というかAmazonのストラクもう値段倍になってるよ…はやいなおい。
まあ俺は今のところうららは足りてるし、多分シングル買いでも1000円くらいになると思うからそれ待ちでいいかなと。
どうせストラクも再販されるよきっと。

神プロの塔は結局14Fで終了。
てか15Fが強すぎてどっちにしろダメそうだったなこれ。
無課金とはいえサービス開始からやっててこのザマったあないぜ…。

明日は仕事だけどセミナー参加しなくてはならなくなった…。
さいたまスーパーアリーナ…遠いな…。
  1. 2018/12/05(水) 23:58:41|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月がこぞって延期

12月発売のエロゲが片っ端から延期…。
少なくとも買う予定だった3本が減って結局12月は5本になりそうだ。
いいのか悪いのか…ふうむ。

アメグレはようやく第2章行ったがまだまだこれからだな。
体験版やってないからどんな話かまるっきり分からんからどういう展開になるのかも不明瞭だし…。
まあ11月は3本しか買ってないし、ゆっくりすりゃあええな。

神プロは次は雷イベか…。
アサルトだったらええな。
風パはそれなりに育ってるからまあ問題ないでしょう。
てかアクセ7層はよ。

なんか12月ヤバいかなと思ってたら案外大丈夫そうでよかった。
  1. 2018/12/04(火) 23:07:55|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また月曜が始まる…

年末休みまであと一か月だけど…憂鬱だ…。
最近仕事もあまり忙しくないし、結構暇なんだよな。
…暇ってことは結構あかんことなんだけども。

アメイジング・グレイスプレイ中。
結構共通長いな…。これ中々時間かかりそうだ。
まああっさり終わるよりかは全然マシだけどもさ。

神プロの塔イベ今回は最後まで行けるかな…と思ったら矢先に無駄に連撃だしてレイジング入って石化食らう俺…。いつも必要な時に連撃入らないのに何で入れちゃうんだよ!?
今回も厳しいかな…。

明日も寒そう、鼻炎やばそう。
  1. 2018/12/03(月) 22:56:06|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロゲ感想 ラブコーディネーション!

以下個人的感想
ネタバレあり
駄文注意




























SHIMAsoftの新作。キャラグラも良く、R要素中心らしくまあとりあえず買ってみた感。
ラブコーディネーション
思うんだけど、トップに初期化入れるってどうよ…。

共通
序盤は主人公のウジウジがかなり目についた。
特に那緒に対する羨ましさや嫉妬などが目立つ。…子供かお前は。
中盤以降、聖先輩などがバイトに入ってからはそういった要素はなくなる所か色々気を使えるようになっておりかなり成長している。
…まあ早すぎな感じもするが。
意外と喫茶店の仕事はしてるっちゃあしてるのだが、現状女の子っぽさを磨くといった要素はない感じもする。
一番気にいってるのは聖先輩。完璧な生徒会長から可愛いもの好きのぽんこつとギャップが凄まじいところに印象が残った。











聖 ラブコーディ
可愛い物に目がなさすぎる生徒会長。
可愛い物好きになった過程は家庭の縛られた環境からの反動という割と真面目な理由だったり。
自分自身は可愛いと思ってないから可愛くなろうと努力する…とここまではいいのだがその内容がH。しかも超マニアック。
序盤はまともだったが中盤以降SMプレイから覚醒。一気に隠語連発ド変態になってしまう…。…ああ…このゲームはこういう方向性か…。
そのため後半はひたすら変態プレイ。主人公すら若干引くとは…。
「可愛くなりたい」という努力がこれでいいのか?ただのひたすらエロ状態じゃないか…。
流石にラストで自分のヤバさに気づいたけど結局主人公が肯定してしまい、ド変態モード継続に。
…ここまで頭が痛くなるシナリオだったとは…。
聖2ラブコーディPNG
もうやべえよ…。

















祈莉
祈莉 ラブコーディ
身長も中身も子供な後輩。
オレっ娘でやんちゃな悪ガキみたいな雰囲気もあれば、甘えたいときに一人称が変わってやけに素直になる。まさに子供。
このルートは最後まで女の子らしくなりたいという要素はなく、姉妹との関係がメインとなっているのがポイントだろう。…夢がロックシンガーってのもワルっぽくなって姉にかまってもらえるようになりたいがためだろうな…。
「????」が最後まで伏字だったのは中々いい演出だと思う。(まあ姉だってバレバレだけど)
Hに関してはとにかく幼児退行プレイ系が多い。おもらしだったり無邪気だったり果てにはおむつだったり…。
聖ほどの変態ではないものの十分アブノーマルな感じがした。
ただ大家族という割に登場したのは幼いころに家を出た姉しか分からず、他は説明だけだったので回想でもいいから登場させてほしかった。
それ以外は意外とまともな√。














那緒
那緒 ラブコーディ
ボーイッシュな幼馴染。
水泳をしている時のかっこいい姿か恋人としての可愛い姿のどちらを魅せたいのかというのはあまりない題材だと思う。
最終的にかっこ可愛いを選ぶんだけど、その過程で水泳をやる理由が勝つためでなくかっこいい姿を見せるためという所はいかに主人公を好きかと物語っている。
まさか人形の名前にも意味があったなんて…たまたまつけたと思ってた…。
…とここまではいいのだが、このルートでは特に栞と後輩女子3人組が目障り。
実質ドジの多いお茶目なお邪魔キャラという位置づけっぽいんだけど、後輩はボコろうとするわ、栞は利尿剤飲ませたり、水着盗んだりと普通に犯罪行為もする。
正直いらないどころか凄く不愉快すぎてわけわからん…まあ罰は受けてたけどもねえ…ちょいぬるいわ。
この√の駄目な点はすべてこの糞サブに集中している。
下種顔 ラブコーディ
こいつはガチで許さん。








千晶
千晶 ラブコーディ
男装デザイナー。
…というか気づけよ!見りゃあすぐわかるだろ!胸も少し出てるのわかるしさ!
これは男じゃないだろ ラブコーディ
主人公のぼんくら ラブコーディ
これで気づかんのかい…。
とまあ余りにも鈍感な割に、告白時の決める時は決めてるあたり流石主人公といえるべきか。
また全√中で唯一未来について考えていることがより大人のお姉さんを攻略してるという感じがして良い。
あと男装から一気に女性に変わったためかギャップが強く伝わり、女性らしい可愛さが最も出てたと思う。
Hはとにかくコスプレ系多し。流石デザイナー。
ただ結構家の不満を出してた割にそれらを飛ばしてあっさり結婚EDまで行くのは…。
まあメインじゃないから仕方ないけれども。





シナリオ☆1つ
コンセプトの女の子の魅力を引き出すというのはただ単にHして魅力を出していくという要素がほとんどだったのが駄目。
特に聖先輩とかは滅茶苦茶だったし、祈莉はただのやんちゃな上に姉との確執だけだし。
千晶や那緒はまああったけれども。
内容もひたすらHばかりだからほとんどヌキゲーとして考えてもらっていいだろう。


キャラ☆1.5つ
ヒロインは那緒が一番良い。かっこ可愛いを目指し、一途に努力っする姿がとても良かった。スク水も強い。
共通では聖先輩が一番だったけど√やったら余りにも変態すぎて受け付けられなかった…。
あんなんただの変態じゃないか…。ここまでやばくなるとは聞いてないぞ…。
主人公は共通ではすごくなよなよしていたが、キャラ√入ると別人に変わってた。…いや成長要素あったか?
サブは論外。
那緒2 ラブコーディPNG
これはあかんて






音楽☆1.5つ
OPは軽い電波ソング。テンポが早い感じ。
EDは逆に凄い静か。イントロだけだと学校の卒業式でながれるような感じがした。
あとたまに喫茶店で流れるBGMが中々良かった。


Rシーン☆2.5つ
とにかく濃い。シチュも各キャラ様々でそれぞれ特徴があるのは〇。
特に聖先輩の変態プレイは衝撃的だった。祈莉のお子様プレイもビビったけど。
どのキャラもぶっ飛んだ隠語連発したりテキスト内で同じ単語など繰り返したりかなり独特。


総合70点
トップのページの時から「ん?」って思って、スタッフロールで完全に気づいたけどこれインターハートの所なのね。そりゃあこういうゲームになるわ。
でもこのメーカーの割には色々エロ以外にも頑張ってたような気がする。

  1. 2018/12/02(日) 22:07:29|
  2. エロゲ感想2018年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歩き歩いて歩き疲れる

予約してたアメイジンググレイスを購入するために大宮へ…。
と思ったら電車が止まってる!?
何時に動くか分からないっぽいし、別の路線は通常通りだったため徒歩で向かうことに。
結局1時間半歩いて駅に到着…すんごく疲れた…。
ちょうどついたときに電車が動き出してたから結構ちょうどいい感じだったんかな。

ドラグニティはとりあえず完成。
まあ他のやり方もあるんだろうけども俺はシンクロこそドラグニティだと思ってるし、やはりシンクロモンスター並べたいじゃん?
EXデッキも13枚使うし、ソルチャ√は別に2枚使うから、これ以上EXデッキはいじれないしな。
…まあ欲を言えば特殊召喚対策はほしかったけどまあそこはそれ。

とにかく今日は疲れた…。
  1. 2018/12/02(日) 00:18:03|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ