fc2ブログ

穹が凪ぐ音の夢

エロゲの感想や自分の一日を日記みたいに一生懸命、書いてます。

祝日だけどへーじつ

休みですが普通に仕事あります。
まあ電話もほとんどないから楽だけどね。

今週の土曜の会議が延期になった。
これでエロゲ買いに行けるべ!…と思ったけどハナヒメ終わってないからそっち優先かな。
どうせ31日にまとめてでるし。

そろそろ寝ないと寝坊する。
  1. 2016/09/20(火) 00:51:30|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「見せてやろう。心の闇が作り出した、最強の力の象徴を! 絶対無敵! 究極の力を解き放て!」

発動せよ!超融合!(なおユーリ)

いやー明日香敗北でGXいじめするかと思いきや、超融合とか…流石にビビりましたよ…。思わず叫んじまった。
予想以上にGXファンを殺しに来てますねえ…。死にたいんですか?

あれは覇王の象徴であり十代とユベルの魂のカードやぞ。てめえふざけてんのか。
しかも出すのがクロノス先生の切り札の古代の機械究極巨人って…それで明日香にとどめさすとか…。
決闘内容は面白んだよ。ただそれをなんでGXのキャラにやらせんのさ。
明日香、結局親父の介護だけしかしてないし。
ここまで過去作品のリスペクトをせずに展開するとは思わなんだ。

ハナヒメ*アブソリュートはあまりやったことのないタイプのゲームだからか、中々面白い。
てかあやめさん強すぎじゃね?リーダー効果はやばい。
あとハイパーモードやばい強すぎ。普通にGOD評価出せたわ。ノーマルだけど。

明日は祝日?いいえ普通に仕事です。

  1. 2016/09/19(月) 00:16:17|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ゲームは、ルールを守ってこそのゲーム。ルールを守るからゲームは面白いんじゃないか」

全くその通りだ。割れでゲームやってるカスは見習え。

ハナヒメ*アブソリュートプレイ中。
やたら重い…。

神姫の生放送見たが…恋姫夢想とコラボとか驚いたわ。しかも主題歌藤咲ウサちゃんだし。
ただ運営はもう少しユーザーの声を聞いてくれませんかね…?

属性の偏りとか深刻なヒーラー不足とか。
  1. 2016/09/18(日) 00:41:26|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生命のスペア 感想

もう今年も終わりかー。
年を取ると時間の感覚が早く感じるっていうけどホント早いわー

以下感想
ねたばれあり




































あかべぇそふと3の新作。
最近のあかべぇはとにかく迷走しているが、今回はどのようなもんか…。

シナリオ☆2つ
テーマは「不治の病」「生まれた意味」「家族」
今作はとにかく一貫してシリアス。最初の兄貴のCGでビビった。
印象に残ってるのも発作で自ら傷つける場面ばかり。
ただその中でも家族の愛情や妹の成長などを描けているところは凄いと思う。
ラストの桜の木の下で生きたいと語っていたシーンはかなりグッと来た。
ただ、母親の料理の日記や主人公に対する夙川家との関係はかなり展開が早く、ごり押しな感じがした。また立ち絵まであった主人公の屑親父がほとんど意味が無いように見えた。
そんでもってOP前で実は主人公も病気でしたとわかったとたんになんとなく結末がわかってしまったことが最大のマイナス点。

キャラ☆2つ
まず恵璃の中の人、橘まお嬢は素晴らしい演技だった。痛々しさもすごく伝わってきた。
そして主人公の両親のガチ屑っぷり。夙川家と正反対な感じがした。(実際どちらも境遇が同じながらも結末全く異なっている。)
ただヒロインの印象が強すぎて主人公があまり主人公していなかった感じがした。

音楽☆2つ
相変わらず西坂さんはゲームに合った曲を作る。
できればEDとOP別々にしてほしかったかな。

Rシーン☆0.5つ
数はそれなりだが先ほども言った通りシリアス全開なのでそんな気分になれない…。
身体の痕も痛々しいし…。

総合75点
正直、前作、手垢塗れの天使のほうが面白い。
最近あかべぇは色々迷走してるけど早く一つの方向をむいてほしい。
来月出るロリゲーは流石に買いません。

  1. 2016/09/16(金) 23:18:05|
  2. エロゲ感想2016年 (適当あり)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近眠気が飛ばない

今日の朝起きるのがマジでつらかった…。
簿記の勉強も集中できないし…。やばいねこれ。

モブサイコ100すんげえ面白い。原作買おうかな。

  1. 2016/09/16(金) 00:59:01|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おおぅ…G…

いわゆるGが俺の部屋に出現。
とりあえず運よく紙袋の中に入ってくれたので、口の部分を結びパンチパンチ。
そして袋ごとぐちゃぐちゃにして終了。楽な戦いで良かった…。
ただまだ家にいるかもしれんのよなあ…。ゴキジェット買ってくるか…。

  1. 2016/09/15(木) 00:08:54|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀色、遥か 感想

今日終わったゲーム2週間以上かかりました。

以下感想

ネタバレあり

















tone work'sの新作。前作「星織ユメミライ」もプレイ済みだったので購入



シナリオ☆2.5つ
長い、とにかく長い。先ほども書いたが仕事などでプレイ時間があまり取れない時もあったけどそれでもコンプに2週間かかった。
前作以上の超ボリュームな今作は「中学編」「学園編」「アフター編」の3つで構成されている。
中学編
まさかのエロゲで中学編。ただ中学要素があまりなく、給食要素くらいしか中学編を意識できなかった。
前半共通、後半各ヒロイン√となりここで付き合う(べスリー以外)ようになる。
中学編では付き合うまでがゴールなので結構初々しい仕草が見られる。
べスリー√のラストの展開や雪月√での兄としての葛藤は特に良かった。
ただ正直中学編はいらないかもと少し思ったり…。
学園編
ここからRシーン追加。これ以降ずっと各キャラ√となる。
椛の演劇やべスリーの雪まつりの踏み鳴らして作る雪の結晶などは印象に残ってる。
アフター編
大学&社会人編。√ごとに主人公の目指す夢が変わるのがなんか人生らしくてよかった。
べスリーの大学編は一番面白い。やはり悪友系がいるのといないとではだいぶ違うのだな。
雪月のローマ編もよかった。主人公の仕事が成功すると結構嬉しく感じたりも。
全体的に、べスリーと雪月は特に面白かった。
ただ前作であったような結婚後のシナリオがないのが残念。
また結構重要場面でダイジェストが多かったのも×

キャラ☆3つ
雛多は間違いなくヒロインを支えるサブキャラの方が似合ってると思う。ヒロインだけど名サポーター
それ以外は可愛い。特に雪月。雛多に抱かれて「ひゃああああぁぁぁ」は何回でもリピートできる。
後は付き合ってからの瑞羽のデレデレっぷりもたまらない。一番大人っぽいのにかなり甘えたり、小さいころから主人公のことを想い続けてる所がまた…。

音楽☆3つ
規格外。各キャラにそれぞれEDをつけてるほかイメージソングもある。
後EDの演出はまじで反則。特にべスリーと雛多。
べスリーの少しずつ広がっていく人との絆をEDのムービーで見事に再現されており感動した。
OPの銀色、遥かと挿入歌の夢の季節へは特にお気に入り。

Rシーン☆2つ
シーンも豊富。差分こそ少ないが各キャラ大体10シーン以上。服装もより取り見取り。
…ただ中学編から逆算すると18歳未満がいると思うんだけど…。

総合90点
よくある「フルプライスなのにボリュームなさすぎ」というのはあるが、「フルプライスでここまでやるか」と思わせるのは珍しい。
内容も悪くなく、夢に向かって成長する主人公とヒロインという構図がうまく描かれていたと思う。
良作。

  1. 2016/09/13(火) 21:22:12|
  2. エロゲ感想2016年 (適当あり)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来週はどう転んでも炎上

・明日香vsユーリで今後の展開からほぼ勝利
・おまけにユーリのデッキが古代の機械というナメプ
・明日香ここまで最初以降活躍無し。

そんな状態で明日香カード化とかふざけたことしたらマジでゆるさん。
いくらなんでも過去キャラの扱い酷すぎやぞ。

ARC-Vはスタンダート次元にずっといれば神だった。

  1. 2016/09/13(火) 00:25:52|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ずっと家に引きこもり

外に出たのは昼飯買う時と、コーヒー買うときだけであとはずっと家でゲームorちょっと簿記の勉強。
…だから太るんだよなぁ…。

明日からまた仕事。そして大原簿記。

  1. 2016/09/12(月) 00:11:17|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

氷上のプロポーズ

実際あったことらしいがまさかゲームでそんな場面を見るとは思わなんだ。
銀色、遥か。いまだプレイ中。

みちる屋に味噌ぶったまが解禁されてたから食ったけど、昔より食えなくなったるなー。
スープ飲みほせないし…。

  1. 2016/09/11(日) 00:33:44|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ