FC2ブログ

穹が凪ぐ音の夢

エロゲ感想や日常を一生懸命、書いてます。

エロゲ感想 ランス02 -反逆の少女たち-

以下感想
ネタバレあり















ランス02
アリスソフトのランスシリーズ。2作目。
アリス2010に収録されていたランス2のリメイク。
システムもほぼ同じらしい。



シナリオ☆2つ
完全1本道。
途中でシィルが消えたり、間違えて子供を犯したり(最も大人の姿だったという理由もある。)など色々大変な内容だが、前作よりもコメディ要素が多め。
中盤まで町とダンジョンの往復ばかりで退屈だったが、シィル救出やカスタムの魔女と戦うシーンなど所々で良い場面があった。
ラストがあまりにもランスらしくて笑った。


キャラ☆2.5つ
非常に個性のあるキャラが多い。
4魔女は中々いいキャラ。特に志津香。悪口どこで使うんだよって思ってたらこいつに聞くのかよ…。
ランも正気に戻った後のネガネガ感は可愛かった。
ラン ランス02







わちゃわちゃ ランス02 
そしてこのわちゃわちゃ感好き。

そして今作で特に良かったのはランスとシィル。

ランスはただH好きな鬼畜というだけでなく、後悔しているランに激励したり、絶体絶命のシィルを助けたりするなど所々でヒーローと呼ばれるような魅力的な所もあった。
ただまあ倒した魔女に容赦なくHしたり最後は41Pしたりと相変わらずな所もある。

ランス02 ランス
ここの場面は結構好き。


シィルもランスに対しての一挙手一投足がまんま恋する乙女。
ランスに一途な所も、助けられたあとのH後の描写がどう見ても夫婦みたいな感じがして堪らない。
今作で最も可愛いと思えた。

シィル ランス02
お風呂のシーンとかめっちゃいいじゃん。


音楽☆1つ
戦闘曲は効き続けてると飽きる。
特に良いといったのはなかった。


Rシーン☆1つ
昔のリメイクだからか、数クリックで終了したり、途中で終わってたりと短い。
どちらかというとギャグ要素が多め。(鏡の前でのマリアだったり)


ゲーム性。
非常に不便。
まず戦闘だが、攻撃も魔法も必殺技も全てSPを消費する。しかもその量は中々に多く、雑魚敵2~3戦するとすぐに枯渇。(一応戦闘中でも回復できるコマンドはあるが微量)
そのため、「戦闘→キャンプで休む(SP全回復コマンド)→戦闘→休む……」を繰り返す必要があり面倒。

敵に関してもそこまで強くはなく、大ダメージ系技もほとんどないので苦労はしない。唯一苦労したのは最初の石像くらい。(電撃罠食らってHP1だったため)
ダメージもブレがあるのか必殺技より普通の攻撃の方がダメージを与えたほうが良い所もあった。

Gハニー ランス02
パーティ戦できるのは良かった。


マップ移動はさらに面倒。そもそもダンジョンも1つしかない。
エンカウント率高め、ヒントが見つけづらい、マップ操作しづらいなど過去のリメイク特有の辛さがあった。
また先ほども書いたが、とにかくダンジョンと町の往復が面倒。帰還アイテムがないと本当だるい感じになる。


それ以外だと後半から消える教会(HP、SP全回復施設)や今まで使ってたアイテムの消失等色々不便だったりも。


総合75点
全体的に前よりもキャラの個性が強くなっていて、このキャラはどういうキャラなのか把握しやすくなっていたのは良かった。
そして今作でランスとシィルの関係がより好きになった。



…さて次は03かな。

ウィリス ランス02

どうでもいいけど、この人前作より雰囲気違ってません?
スポンサーサイト



  1. 2019/08/23(金) 21:35:45|
  2. エロゲ感想 中古購入・リメイクなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロゲ感想 ランス01 -光をもとめて-

以下感想
ネタバレあり注意



















ランス01
アリスソフトのランスシリーズ。
ランスシリーズは戦国ランスに続き、2作目となります。
いわゆる初代でそれを現代風リメイクしたような感じ…であってるのかな?


シナリオ☆2つ

サブシナリオはあるものの、ほぼ1本道。
ヒカリを助けるために国中走り回って、時には鬼畜行為もして…と言った感じ。
話自体は途中で登場したリアが分かりやすい悪だったりするなどシンプルで先が読みやすい内容だった。
その分、先の展開も読めて少々つまらなかったり…。
それでもラストの選択肢は予想外だったが。

リアを襲う ランス01
こうなるとは…。

キャラ☆2.5つ

女の子は可愛い娘が多い。
一番エロいパルプテンクスとかラストが少し哀愁漂う奈美さんとか。
幽霊のラベンダーとかも可愛いのに…成仏しちゃうし…。
ミリー ランス01
和服美人 ランス01
奈美さんもいいけど包帯取れたミリーも好き。


ランスに関してはまあ前情報通りの鬼畜っぷり。
ラベンダーを励まして成仏させたり、イカサマにあった姉妹を助けたり一応良い所もある…のだが…。

・シィルに対する扱い全般
・悪とはいえ一応そうなった理由のあるリアに容赦なくレイプ。
・パティの水に慣れるための修行
等々結構やりたい放題。
鬼畜 ランス01
パティはマジでキレていい。(まあキレたら間違いなく返り討ちになるが)

ただ城壁登ったりするあたり結構無邪気な所もあるのかもしれない。

ランス だれだよ ランス01

北斗の拳かな?


音楽☆2つ
ボス戦の「来たら、倒される」は結構カッコよくて好き。1989年版が出たときは驚いた。
後は、最後に流れる「我が栄光」はまさに始まりって感じがする壮大な感じがした。


Rシーン☆1.5つ
悲惨なシーンもあるが、キャラが可愛いおかげで使えるシーンもあったりなかったり…。
というか差分が少ない。



ゲーム性

今作の肝。
戦闘システムは中々面白いのだが、敵の次の行動が分かるため、強力チップ集中的にぶつければあっさり勝ってしまう。
また回復アイテムは戦闘中使えない上、戦闘後回復するスキル+同じく戦闘後回復できるシィルがいれば、大体なんとかなる。強い盾があればダメ0にできるし。
強力武器も武器屋で買えるし。

敵 ランス01
また可愛い敵も多い。

マップは今作でもっとも残念な要素。
とにかく行動の選択が多く、しかも複数回選ばないと先に進めなかったりしてかなり面倒。
ダンジョンに関しては一マス一マス牛歩みたいな動きで遅い。さらに状態異常がうざい。特に内股。内股でランダム行動→内股罠かかる→また内股→以下ループで全然ゴールにたどり着けないこともあった。

その他として所々ダメージを受けるイベントが多い。HP少なくて不用意に行動して死ぬ…というのもザラにあった。
後はとにかく金が足りない。手に入る金と武器屋の金額が割に合ってない。

と悪い所ばかりあげたが、完全ランダムダンジョンのウルンセルの巣は個人的に好き。
道なりが真っ直ぐな上、入るたびに変わるから面白かった。
…まあ強いて言うなら隠しボスが弱いことくらいか…。

ランス01 フルコン
そんなこんなでなんとかフルコン。


総合72点
良くも悪くも初代リメイク。
作業ゲー感が強かったが、ここからランスは始まったんだなあと感じた。








ランス01 クリア2

  1. 2019/08/20(火) 22:50:24|
  2. エロゲ感想 中古購入・リメイクなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロゲ感想 戦国ランス

以下感想
ネタバレあり注意!
(個人的理論もあったりします)


























戦国ランス
アリスソフトより2006年に発売されたエロゲ。
いわゆるランスシリーズであり、ナンバリングは7。
ここのメーカーは大帝国しかプレイしておらず、ランスシリーズは初めて。
そもそもゲーム性のあるエロゲ自体久々。
とまあそんな感じでプレイしてみたのですが…

ヤバい…面白い…!



まあ、とりあえず最初は各√から。


正史√
香 戦国ランス

ヒロインは(多分)香ちゃん。表情も豊かで幼さもありとても可愛い。
それだけに√確定した瞬間のあの仕打ちはマジで殺意を覚える。あのガキ共…!まだランスが殺したから良いが…。
その後の香ちゃんの成長は目を見張るものがあった。
香2 戦国ランス
一度ザビエルに信長との思い出を穢された涙したが、その後は最後まで戦い続けた。

最後のランスの終わったら泣かせてやると言った時の香ちゃんの「いえ泣きません、笑うのです。」はまさに兄の死を乗り越え立派に成長した証と言える。
最終決戦のあの号令は本当熱かった。
香3 戦国ランス







謙信√
上杉謙信 戦国ランス

ヒロインは謙信。可愛いという点ではおそらくNO1
最強の軍神だが、実は天然で腹ペコキャラ。その素直さはあのランスに真正面から告白できるほど。
謙信2 戦国ランス
すっげえいじらしい。

照れ顔の可愛さもあるけど、ぶっちぎりで強いためザビエルに対する安心感が半端ない。
信長を取り戻した際の威光もかなりチートだし。
謙信√ 戦国ランス
ここ普通に笑った。








五十六√
五十六√4 戦国ランス

ヒロインは五十六。お家のために身を挺して頑張る努力家。
あまり積極的になれず、男なら間違いなくヘタレと言われている部類。
ただ√での扱いははっきり言ってかなり悪い。特に傾国はマジで許さない。
その一方で最終戦の攻め込んできたザビエルの展開はかなり面白い。特に五十六が倒れた後の全員ブチ切れ戦闘はこちらも一気にヒートアップしたほど。
五十六√2 戦国ランス
ランスも仲間も全員ブチ切れ。

香も助けることができなかった点など、全体的に暗めな印象。






蘭√
蘭 戦国ランス

ヒロインは蘭。正史だと多分死んでる。
蘭がランスの元にいくか、早雲のところに帰るかというある意味でオーソドックス。…まあNTRゲームのオーソドックスみたいな感じなんだけど。
全体的に短く、それといって凄い面白いという印象はなかった。蘭自体はツンケンしてて魅力的だったけど。
というかランスの元に行くシーンがまんまNTRゲームの展開…。


以上√感想。一番好きなのは五十六√、次いで正史√って感じかな。
ジャンルがジャンルなだけにシナリオはどうなのかな?と思っていたが、普通に面白い。下手なエロゲよりも断然良く出来ていた。



キャラクター

武将編
個性がとにかくあふれまくり。名前まで遊んでたりするし。
ただ全員紹介はほぼ無理なので個人的にかなり使えた武将達(戦闘で活躍したりするなど)をベスト5方式でやってみた。


5位 織田家足軽 柴田勝家と前田利家(慶次)。

初期から防・知がそれなりで、まだゲームを始めたばかりで何もわからない状態の俺に足軽の重要性を学ばせてくれた優秀なロリコン。
個人戦もまあまあで、足軽に困ったらとりあえず柴田という感じで最初から最後までお世話になった。

利家はそのままだと雑魚だが、力・防の書1を最優先に与えた慶次はぶっ飛んだ性能。
合戦で一人で防衛できたりするなど非常に強力な足軽になる。なお個人戦は微妙な模様。


4位 徳川たぬき一行 (主に徳川家康、本多忠勝、榊原康政など子狸)

子狸はとにかく可愛い。家康に慕う狸の可愛さは序盤からかなり癒されてた。
ただ性能自体はそこまで優秀じゃなかったり…。(暗殺や自動回復はいるけど)
一方で忠勝、家康は中々な強さ。忠勝はアタッカーとして中々だし、家康も個人戦上位クラスだったり。
五十六√での静かにキレる忠勝は特に好きだった。

戦闘もそこそこで可愛い徳川狸軍団。天麩羅何度食いたくなったか…。
家康たぬき 戦国ランス
本当この狸共は…愛でたくなる…。


3位 リザ援軍 (主にウルザ)

軍師の強さを自覚させてくれた有能。
全体行動破壊の精密射撃がどれだけ助けてくれたか…。
個人戦も最強クラスで内政も優秀。どこをとっても強い。

リズナはあまり攻撃力がない感じ。ただ魔法を使う魔軍戦ではダメージ0なため大活躍。安心して後衛に設置できる。
マジックはランスの愛要因。


2位 上杉家 (上杉謙信、直江愛)

個人戦最強クラスの武士、謙信。軍神の威光はとにかく超強力。
戦闘関連なら間違いなく外せない存在。
愛もそこそこの戦闘力に優秀な内政に財テク持ちのサポーターとしてはTOPクラス。
何より上杉攻略すれば手に入るっていうのはでかい。


1位 武田軍 (風林火山一同)

全てにおいて完璧な方々。何よりあの渋さのあるかっこよさは最高。仲間になった後の和やかな感じもまた最高。
全員超優秀であり、
・ステ高めで暗殺持ちなど戦闘力も十分、内政も多少こなせる風林火山の風、高坂義風
・戦果ダウン持ち軍師。戦闘もこなせて内政も満点な風林火山の林、真田透琳
・遠距離出来る近接「騎馬」の1人。個人戦でも騎馬で大活躍できる風林火山の火、馬場彰炎
・チートクラスの騎馬。躊躇なく帝ソードなどを装備できるスペックを誇る合戦最強の風林火山の山、山県昌景
そしてこれら全員開幕風林火山バフ(全ステ50%UP)持ちというとんでもない性能。
あまりの強さに、クリアボーナス獲得後の6週目以降は必ず、武田軍いれたほど。

カッコよさと強さを兼ねそろえた最強の軍団。(エロゲなのに、男キャラを熱く語る俺って…)
貫禄の武田軍 戦国ランス
始めて揃った時は思わず「おぉ…!」と感動してしまった。

非戦闘編

非戦闘キャラ自体あまりいないがやはり3Gがいいキャラしてた。
特に3G→2G→1Gになるところは大爆笑。
そして五十六√での最後の涙は本当に辛かった。


ぶっちゃけキャラは魅力的ありまくり。ヒャッハーな毛利家もそうだし、意味わからない魚類の足利家もそうだし。
後は柚美や火鉢は割と好み。
柚美 ギャップ萌え
火鉢 戦国ランス
可愛い物に目がない柚美に徐々に人間らしくなる火鉢

ただ健太郎&美樹は嫌い。島津家も女性武将とられたからあまり好きになれない。(正史でのラストがきついから嫌いというまでには至らないが。)




音楽

BGMしかないがレベルはTOPクラス。
OPの「Sengoku Rance」からもう最高。正史√で流れたときはかなりテンション上がった。

戦闘BGMも素晴らしい物ばかりで魔軍戦の「Ontlogy」
オロチのぶっ飛んだ強さが痛感できるBGM「The terribler」
そしてラスボス戦の「Rebirth the edge」五十六√と正史√のラストの所が一番燃えた。

戦闘以外も良曲は多い。√確定後に流れる後半一気に盛り上がるマップBGM「Sengoku World(v2)」
明らかにやべえ奴らが来る「Dignity」
要所要所で泣かせて来ようとする「A calmly wind」など最高の楽曲ばかり。

ゲームソングだけでも間違いなく最高峰でゲームをさらに盛り上げてくれる。



ゲーム性

最初は説明もなくいきなり戦闘やらが始まるから多少戸惑うが、慣れてくると編成や攻撃などの行動が自ずと理解できるようになる。
さらにはキャラ性能も個性があり、理解してくると編成を考えるだけで凄く楽しい。
そしてその頃には難所も多く登場する。特に
・風林火山が一気に責めてくる「武田4連撃」
・正史のみ魔軍に占領された島津家が攻めてくる「島津5連撃」
など普通にシナリオを進めてるだけでも発生し、さらには裏ボスで最強の「オロチ」などやりごたえのあるボスも目白押し。
ただ部隊を多くすればいいわけでなく、色々考えて戦う…まさに戦略シミュレーションゲームといえる。
戦国ランス オロチ撃破
オロチ戦後 戦国ランス
オロチ戦は本当大変だった…。


陣取りという部分では、後半は特定の戦闘のみになってしまうが、それ以外は比較的自由に行動できる。
特に猿殺し√はどこを攻めてもOKと自由度は非常に高い。

最初から最後まで油断できず、戦力を駆使して戦う…これこそ時間泥棒と言われる所以だろう。



Rシーン

その一方でエロはそこまででもない。
というよりどちらかというと笑わせてくるシーンも多め。
淫語が中々特徴的な言い回しなのも〇。そのせいか実用性には至らない。

しかし結構悲惨なシーンも多い。凌辱嫌いな人はあまりオススメしづらいかも。



総評97点
シナリオ☆2.5 キャラ☆3 音楽☆3 Rシーン☆1

2006年エロゲ最高傑作と言われるだけあり完成度はぶっちぎり。神ゲーというのも頷ける。
正直フルコンプするまでハマるとは思わなかった。本当に時間を忘れさせた傑作。
これなら他のランスシリーズも十分プレイできる気がした。
本当に面白いエロゲでした。
戦国ランス2 11週目
達成感半端ない。












おまけセーブ数
戦国ランス セーブデータ数
とてもエロゲで出来るセーブ回数じゃねえなこれ…。








  1. 2019/07/22(月) 21:00:08|
  2. エロゲ感想 中古購入・リメイクなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロゲ感想 君と恋する学園喫茶

以下個人的感想
ネタバレあり 駄文注意





























君と恋する学園喫茶
2015年11月にReonから発売された作品。
…かつてリタイアさせられた数少ないゲーム。
今回はリベンジということで何とか完走することができました。





共通


喫茶部という何故存在したのかよくわからなかったり、背景がキッチンのそれではなかったり、先輩が度を超えたチョロインだったりと意味不明要素も多数あり凄く不安な感じ。
ただ意外と喫茶店を始めるというところの準備は店の下調べしたり接客練習したりとなどと割と丁寧。…短いけど。
その後すぐ繁盛するのもあまりにも展開が早い感じがした。
ただそれ以外は無難に進んでおり、共通に関してはバグがなければよくある駄ゲーということかもしれない。
喫茶背景
これが喫茶部…もとい喫茶店をやるキッチン…?家の台所と何ら変わりない…。





茉莉
茉莉2
金髪ツンデレ風の王道ヒロイン。
ただ付き合う前から遊びと称してキスしたりヤッたりするなどだいぶ貞操観念が緩い。
おまけに生徒会長に詰め寄られとっさに主人公が好きじゃないと言ったら、ショックで逃げ出すほどの豆腐メンタル。
後半はイギリスに(数日)帰るのをちゃんと聞かずに、何故か急激に主人公がヘタレるという謎な流れに。
イマイチよくわからない雑な展開だなと思った。
茉莉
今作のデフォルメ、あまり好きじゃない。




聖
スーパーエロチョロイン先輩。
一目惚れしたきっかけが「飼い犬に魚を取られても見逃したから」というあんまりな理由。
ほとんどエロメインで展開し、主人公が好きになった理由もオナニーだったりする。
後半も妊娠したかも!→やっぱしてませんでしたという流れがすぐ始まってすぐ終わる、
…というかエロい先輩というよりもただの痴女だよなあ。
聖2
茉莉3
やたらと立ち絵がおかしいんだよな…どうやってやってんだよひじ立てるポーズ…。





亜璃亜
亜璃亜
ゲーム好きの語尾が特徴的なロリ妹。
兄妹恋愛のタブーという分かりやすい題材だがやってることはひたすらH。しかも亜璃亜の方が積極的。
そしてとにかく時間経過がわかりづらい。
特に初体験の時や告白後など一日や一年で平気で吹っ飛ばし俺を大混乱させた。
また亜璃亜が好きを自覚したのも√入ってすぐとかなり唐突でわかりづらい。
キャラの特徴も潰しており、ゲーム好きという要素も√入るとほとんど出てこなくなる。
エピローグの子供に関しても成長早すぎね?と思うばかり。
…というか子供産んで1年留年して卒業したってことはまだ2歳程度だよな…。
ただ部分部分は中々良かったりする…本当少しだけど。
亜璃亜3
ここだけ見ると名シーンに見える。






都子
都子1
パッチがないと声が出ない不憫なヒロイン。しかしシナリオに関しては一番マシ。
他√同様の選択肢後の展開の曖昧さやほとんど登場していなかった生徒会長のウザさなどがここぞとばかりに出ていたりはしたが…。
この√は完全に都子が支え、主人公が頑張る√で他√とは違う形になっている。
そしてその都子が支えてあげるというずっと見守り続けていたからこその想いの強さに母性を感じた。…何故か搾乳プレイもあるし…。
ほとんどHで展開する他ヒロインも見習ってもらいたい、この都子の真っ直ぐな気持ちは(亜璃亜は多少あったが。)
全体的に短く、不快キャラ可してる奴もいて不安定ではあったがそれでも唯一読めるシナリオだと思う。
一途に愛する幼馴染は本当に強いと改めて感じた。
都子3
一番好きなヒロイン




各キャラは御覧の通り。
都子√以外はほとんど駄目な要素ばかりに感じた。
…ただそれ以外にも悲惨すぎる…というか今まで俺が回避してきた理由が以下の通りとなる。

①選択肢のムダ要素。
今作はヒロインを決める選択肢の後、喫茶部の活動の際「ホール」「キッチン」の選択肢が度々現れる。
それによりミニシナリオを見ることになるのだが、選択する回数でシナリオが変わるため、場合に行っては付き合ってHもしてるにもかかわらず凄く余所余所しい態度になったりして矛盾が発生している。
そのためシナリオの整合性が取れていない部分もあったり(喫茶部を何度もオープンしてるのに初めてのホールで緊張するなど)する。

②実績の存在
今作は何故か実績要素があり、上の選択肢を全て同じのを選ぶと最後に「〇〇〇マスター」優先してると「〇〇〇チーフ」という実績が取れる(キッチンマスター、ホールチーフなど)
これがまた厄介でヒロイン4人全てにあるためセーブ&ロードをしないと単純に16週やらなければコンプできない。
しかもコンプしてもCG2枚しか解放されないためほぼコンプする必要がない。
実績 きみこい

コンプするの苦労したわ…。
また何故か都子√だけ主人公に対する実績となっている。

…ただこれに関わることでとんでもない地雷も隠されている。理由は後述

③らぶゲージ
いわゆる主人公に対するヒロインのドキドキを表すパラメータ。
これが高いとヒロインの好きという気持ちが高くなるということなのだが、普通に立ち絵やテキストで分かる上演出の一つとしか成り立っていないため、なくても特に問題ないシステムだったりする。

④クイックセーブ
最強の地雷。エロゲでおなじみのシステムだがなんとQSするとデータが消えるという仕様。
これに関してはパッチでもどうにもならないらしく使用したら最後、今作のセーブデータが死滅する。
さらに実績の存在も相まって何も知らずにQSをする…という正に分からん殺しを食らう。
…現にこれを食らって一度リタイアした者もいる(俺)

以上が今作の悪い要素。
まあ背景とテキストがあってないとかも細かいところを上げればまだあるけども…。
あと、パッチ前に関してはもうゲームですらないからそこは省いてる。

総評

シナリオ☆1つ
都子√以外喫茶要素が少なく、いらないシステムも相まってかなりのストレスに。

キャラ☆1.5つ
評価できるのは都子くらい。サブキャラは先生、会長が屑すぎる。
亜璃亜は√入ってから変わりすぎなイメージ。
キャラグラ自体はかなり高い。

音楽☆1.5
OPがイマイチ。なんか盛り上がらない感じ。
EDはOPよりいいんだけど何故かぶつ切りで終わるのが気になった。

Rシーン☆1つ
多少は使える要素はあるものの、何故か巨乳キャラはあまり胸を出さなかったりしてるのが気になった(特に茉莉)
そして肌色一切なく喘ぐだけで汁要素すらない手抜きCGがあったのもマイナス。
あとやたら解説口調な所もあった(特に都子)


総合45点
おめでとう!パッチのおかげで「超絶クソゲー」から「駄ゲー」にしんかした!
パッチ前はこれにマイナス20点くらい。今作はまあこんなもの。
正直すさまじいクソゲと覚悟してたぶん違う意味の期待外れといった印象だった。
とりあえずリベンジ完了!

そしてやはり糞の頂点はドルフィンブレードだなと再認識した瞬間だった…。






  1. 2018/11/18(日) 23:20:37|
  2. エロゲ感想 中古購入・リメイクなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラブラブル 感想

まさかの軽巡用SSR榴弾をT4箱からゲット!
ベルファストがこれで最強クラスになったぜ。
次は6-4周回だな。
まあレベル上げがてらやってくかね。

以下感想
ネタばれあり
駄文注意


































2011年よりSMEEから発売されたゲーム。
神プロのシリアル狙いで買ったテックジャイアンについてきたためプレイ。

シナリオ☆2つ
シリアス無しの超甘々。
あまりのヒロイン達の可愛さになんども転げ落ちてた。
特に出来の良かったのは花穂と終盤の奈々子√。
それ以外にもギャグが予想以上に面白い。野球部は反則だった。
とにかく甘々なゲームだが、全体的に少しボリューム不足であることや共通からキャラ√に入った瞬間に好感度MAXになる唐突さはマイナス

キャラ☆3つ
文句なし。これに関しては完璧。
ヒロイン全員が可愛いという奇跡の出来でありどのヒロインも様々な特長があって個性が出てた。
花穂はすさまじい甘えん坊で超ブラコンだし、さつきは凄くヤキモチ焼きだし。
不快なキャラが誰一人いない。主人公もすごい良かったし。
サブキャラは店長と野球部は駄目だ。面白すぎる。
特に店長はギャグシーンのほとんどを担うとんでもない屑野郎だった(誉め言葉)
キャラゲーのお手本といえる出来であることは間違いない。

音楽☆2.5つ
OPがすんごいとろける曲調。
イチャラブにふさわしい歌。
BGMは印象にあまり残らなかった。

Rシーン☆1.5つ
少々足りないイメージ。
もう少し欲しかったかな。
ただコスプレかそうでないかの選択肢があったのは良かった。

総合90点
イチャラブゲーとしては最高峰の出来。
ボリューム不足に目をつぶれば今でも十分通用する。
偶然手にしたゲームだったけどやってよかった。
  1. 2017/11/29(水) 22:45:06|
  2. エロゲ感想 中古購入・リメイクなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ