FC2ブログ

穹が凪ぐ音の夢

エロゲ感想や日常を一生懸命、書いてます。

エロゲ感想 ランス・クエスト マグナム

以下個人的感想
ネタバレあり注意




















ランス2 ランスクエスト
アリスソフトより発売されているランスシリーズ第8作目。

今回は由緒正しいRPGチックのような感じもする。
最初はセーブが1つしかないことにかなり動揺した。



シナリオ☆1.5つ

相変わらずのランスやりたい放題。シィル復活のために頑張るはずが何故か超遠回り。おまけにモルルンの呪いにかかるとかどんだけ寄り道してるんだ…。

クエストのラストは流石に辛すぎる。というより自暴自棄になったランスが見てられなかった。
そしてクルックーは割と許せない行動とってたり…。マリアの記憶を奪うとかは流石に許せんかった。

マグナムは中々に面白い展開だった。というよりランスの世界って、神様の退屈しのぎで作られた世界だということに驚いた。てか女神ALICEめっちゃ極悪じゃん…。
アムのあの行動もそりゃあ分るわ。あんなん絶望するしかないし…。
女神ALICE ランスクエスト
これ本当どうしようもないじゃん…。



キャラ☆3つ

これはもう文句なしでしょ。今までのランスシリーズのオールスターと言っても過言ではない。
魅力あるキャラはこれでもかと投入されていて、かなり良い感じだった。

好きなキャラとしては。

・5Dではあまりの強引な身勝手さにイライラしていたが、今回はかなり乙女で弱々しい所を多く見せて可愛さ激増させたコパンドン。
コパンドン ランスクエスト


・1以来久々に登場したと思いきやまさかのヤンデレだったヒカリ。
ヒカリ ランスクエスト
怖い…


・ランスのために無理やり修行しレベルを上げた一途な軍神、謙信ちゃん。
謙信 ランスクエスト



・魔人だけどもうこれ味方になるしかないでしょ状態のサテラ。
サテラ ランスクエスト
表情エロくて大好き


・戦国、クエストの2作だけだったけど本当に最期まで頼りになる忍者鈴女。…ラスボス・アムに止めを刺したのが鈴女で本当に良かったよ…。
鈴女3 ランスクエスト
エロシーンなのに泣きかけた。


と今回は凄く良かった。
またランスもリセットが産まれてから父親らしい所も見えるのが、ランスもなんだかんだ成長してるんだなあとしみじみ。ホットケーキを作ったリセットを天才と評価する辺り、ランスも親馬鹿の素質あるな…。
パステルも含めた3人は今作の癒し。
リセット&ランス ランスクエスト
ここのシーン本当に尊い。


というかパステルも怖い女王に見えて実はポンコツみたいな所が合って実に愛嬌がある…。
パステル ランスクエスト
パステル2 ランスクエスト
ガチ泣きしたり、身体乗っ取られたり。


他にも多くのキャラが参戦しており、どれも少ないながらもイベントがあったのも良し。
もう一度いうが、キャラ面は文句なしだろう。
セスナ ランスクエスト
個人的に凄く嬉しかったゼス組。


音楽☆2.5つ

今回も非常にかっこよいBGMの目白押し。

一番好きなのはマグナムのボス戦BGM「戦闘ボスボス」滅茶苦茶良い感じ。
ダンジョンではバベルの塔の「塔探索もっと登る」まさにラストダンジョンという雰囲気がして盛り上がる。
そしてラスボスのアム戦の「戦闘アム」色々な曲調が聞けて本当凄い。
この点は流石のShadeといった所か。



Rシーン☆2つ

お馴染みの抜かせる気のないエロシーン。

相変わらずのランス君の暴走っぷりは見ていて飽きない。
魔人だろうが天使だろうが問答無用なのもまた良い。
ただ原画が綺麗で表情もかなりエロく描かれていたのはグッド。

シィル復活で超ハッスルするランス、凄い嬉しそう。
鈴女の最期のH後のランス、凄い寂しそう。
シィル3 ランスクエスト
次こそシィルを…。


ゲームシステム


今作はクエストとタイトルについているだけあってひたすらクエスト(依頼)をこなす仕様。
ダンジョンもぐったり、会話したり、Hシーン見たり等と全てがクエスト。
かなりシンプルになっている。

しかし、今作は正直それらのシステムはあまり良いとは思えない。


「金が貯まらない」
戦闘しても落ちるゴールドは10とかそんなもん。後半になればそれなりに落とす敵も出たり、ダンジョン内にたまにゴールド落ちているが、それでも序盤はかなり貯まりづらい。おまけにアイテム鑑定にも金を使うためせっかく貯めてもすぐに枯渇する。


「エンカウント率」
ダンジョンの潜ると、左上にエンカウントゲージが出現。それが貯まるまでエンカウントしないのだが、最初のゲージ量が少ないため割とあっさりエンカウントする。遭遇するたびにゲージの最大値が上がるが、マップ切り替えでリセットされてしまうため結局すぐ敵と戦うことになる。


「悪意ある罠」
敵を呼ぶ、ダメージを受けるならまだしも、パーティメンバー1人強制退却はきつすぎる。過去作のゼスにも同じような仕掛けはあったが、こちらは見ればすぐ分かる、発動ダンジョンが限られているのに対し、今作は色々な所に強制退却の罠が凄く見えづらい状態で潜んでいる。


等マップ移動するだけでもだいぶ辛い。
その一方で戦闘面はというと……こちらも少々辛いです。


「技の回数制限」
今回は技の回数が限られており、ゼロになるとそのクエストが終わるまで使えなくなる(例外あり)そのためクエストを進めていくと雑魚だろうと容赦なく強力な技をかます必要もでてくるため、後半はじり貧になる。
一番つらかったのは逃げるコマンド。特定キャラしか使えない上に回数制限なのは酷いと思った。

また序盤はレベルも仲間も万全でないため、技の回数もすぐに尽きてしまう。


「キャラチェンジ」
カリスマの数値分パーティ変更ができるのだが、戦闘中にチェンジした場合、チェンジしたキャラの最初の行動までのタイムロスが凄まじい。スキル「順番シャッフル」を使わないとまず行動できない。


「ボス格差」
一番唖然としたのがクエストのラスボス、フル・カラー。
単にリジェネが凄いだけでそれ以外は特にヤバい所がない。第二形態があるのかと思いきやそんなでもないし、その点アムはかなりの強敵。全体ダメージ連発に状態異常とかなり厄介だった。…何故ここまで格差があるのか…。
アム ランスクエスト
アムは雰囲気からして最高。


といった具合の難点。ただし後半になりレベルや仲間が充実してくると様々な要素に足を踏み入れることができるようになるため、本当に辛いのは序盤のみ。
後半になるにつれて段々面白くなってくる。
正にやりこみゲーマーのためにあるようなゲームだと思う。(ただの作業ゲーにもなるけど)


そんなわけで今回個人的に使えたキャラを順位づけすると…。



5位 志津香
安定の魔法力。光属性を中心に覚えさせたけど普通に火力が凄い。

4位 鈴女
暗殺要員。幽霊になると防御力半端ない。やや火力不足だが。

3位 クルック―
ヒーラーのスペシャリスト。罠回避も地味に嬉しい。

2位 クレイン
戦闘では手裏剣のスタン要因だが、隠密に確定逃げる成功に罠回避、宝箱開けと探索要因としてはこれ以上にない適任者。すごくお世話になりました。

1位 ランス
我らが鬼畜主人公。アタッカーとして最高クラス。カオス装備すると異次元の攻撃力。


てな感じ。


ちなみに一番苦戦した敵は1戦目パステル戦。










総合75点

正直作業ゲーという感じがしてプレイしてて辛い所もあった。
周回要素のワールド2や3があったりするので、何百時間もやれる人ならオススメできる。


3人 ランスクエスト
あーー本当良いよこの家族。
スポンサーサイト



  1. 2020/03/22(日) 00:01:59|
  2. エロゲ感想 中古購入・リメイクなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロゲ感想 ランス6-ゼス崩壊-

以下個人的感想
ネタバレあり注意























ランス6
アリスソフトのランスシリーズ第6章
今回はゼスを舞台とした話でしかもかなり本格RPGらしいので結構期待できそう。
ゼスは面白いと良く聞いたりしたので。


シナリオ

一転二転する展開が持ち味の今作。
魔法使い絶対主義の腐敗しきったゼスにランスがやりたい放題して国を変えるという内容だが、ランス達が行った行動によって国自体がピンチになるという、今までのやりたい放題して国を救ってきた過去のランスシリーズとは違った流れなのは面白い。ただ、その結果、国全体で一致団結して攻めてきた魔軍と戦えたのは怪我の功名と言うべきか…。ゼス全体が真っ赤になった時は絶望しかなかったし。
最後はマジノラインを復活させ、魔軍全員を倒したのはこれ以上にないスカッとした終わりだった。

そんな差別や内乱などの状況にも関わらずランス達は相変わらず。
魔人が目の前にいて殺されそうになろうが、潜入している学園内であろうがHなことしか考えない所は相変わらずでもある。
そしてかなみや志津香等のお馴染みの面子も敵が目の前に居ようとも関係なくコメディを始めるのは面白かった。
ランス4 ランス6
ここ一番笑った。

ウルザが立ち上がる場面や全員でマジノラインを復活させようと魔軍と戦うシーンは中々良かった。
大決戦 ランス6
皆で戦ってる感が強く出てて好き。

そして一番はアルフラのサブイベント。アルフラが元凶のばばあの宝石をずっと叩いていくシーンは今作で唯一泣いたシーン。ランスが凄いかっこよかった。
アルフラ ランス6
この後のキムチの「アルフラの方が強いんだから」って言うのもすごく涙腺に来る。

キャラ
カオス ランス6
ランスは相変わらずのH大好きのやりたい放題だが、孤児院のイベントや襲われている人(女の子限定で)を助けたりするなど割と主人公らしく(?)なってきた感じもある。
ただフェリスがランスのせいでヤバいことになっていたのは流石に酷いと思った。そこは今後何とかしてやれよランス…。
お馴染みのヒロイン達は相変わらず。リズナが続投してくれたのは嬉しい。ほわほわしていて一番好き。
リズナ ランス6
一番好きかも。

ゼスメンバーは戦国ランスを先にやったせいかウルザの最初の性格が全く異なっていて驚いた。
あんなに弱気で自分で決められない感じだったとは…。それだけにダニエルに発破をかけられて立ち上がった勇ましいウルザは本当に頼りになる。…個人的にメソメソしたウルザも可愛いけど。
ウルザ ランス06
これが
ウルザ2 ランス06
こうなる。本当ここは頼もしすぎて好き。


カオルも隙の無く、ランス達の頭脳役という感じが出ていて良いキャラしてた。
男キャラだとパットンの性格の変わりっぷりに驚いた。あんなに冷静で頼りになる感じだったのか…。
あのランスが認めただけはある。
パットン ランス6
すげえ男前の姿…。ランスも頼れる男は仲間に入れるのね。


敵サイドの魔人カミーラは意外と乙女だった。ランスにキスされて動揺する所は怖い魔人というイメージを変えるのに十分だった。使徒も個性的なキャラも多いし。特にユキは色々分離していてある意味で怖い。笑い方も独特だし。
ただアベルトに関してはリズナやウルザにやったことを考えると絶対に許せん。
カミーラ ランス6
ある意味カミーラも振り回されたんだよなあ…。



音楽

ボス戦、魔人戦のBGMは特に好き。特に魔人戦BGMは正に決戦という感じがして素晴らしい。
また場面場面でいい感じでBGMが流れるのもグッド。
マジノライン再稼働の時は大逆転という感じがして素晴らしかった。



Rシーン

種類は多いが実際はかなり短く、差分も少ないため実用性ではない。
まあランスが楽しそうで逆に面白いんだけども。



ゲーム性

戦闘は前衛3後衛3の6vs6。
戦闘自体は凄く分かりやすい。溜め攻撃などを上手くぶつけて大ダメージを与えたり、逆に相手の溜めを止めたり等シンプル。後半になればバフや装飾品等で上手く戦ったりするなど戦略も立てられるのは良い所。

マップ移動も3Dということで色々なダンジョンを直に歩いている感じがして良い感じ。場所によって戦闘場面も変わるのも中々。

キャラ性能も相変わらずの個性がある。基本何かしら強みを持っているのも〇。
個人的に使用して優秀だったのを上げると…


3位 志津香
溜め無し全体魔法攻撃・局地地震が凄く強い。白色破壊光線も2ターン溜めるけど威力抜群

2位 カロリア
硬質変化で完全無敵に加え、攻撃は麻痺付与持ちと攻防兼ねそろえた近接のエキスパート。

1位 マリア
全てのスキルが実用性ありと超優遇キャラ。仲間攻撃時に追加攻撃する援護射撃やターン1確率で確定回避の煙幕射撃は特に優秀。防御は低いが後衛なので特に問題はない。


敵もネタに走っている奴やイラストが可愛らしいモンスターもいたりなどバリエーションが豊富。
らくがきザウルス ランス6
個人的に好きなモンスター・らくがきザウルス(火を吐いてるところが特に好き)


と、大体評価できる所を書いたが、悪い要素もある。

・イベント発生の手間
今作で一番大きい不満点。
イベントを発生させるための玉集めがとにかく面倒。
功績を集めるのもダンジョンを何回も潜っては戦ったりしなければいけないため時間がかかる。
おまけに玉は最大3つしか保管できないのもネック。

・ダンジョン移動

イベントをこなすと一々ダンジョンから基地に戻されるため、アイテム等取りこぼしがあるとまた潜らなければならないのが辛い。
特に廃棄迷宮は4回行かないといけないのが面倒。

・麻痺ゲー
ラスト付近は雑魚敵ですら全体攻撃やら単体大ダメージやらですぐにパーティが壊滅し、ボス戦でも極めて強力な攻撃を連発してくるなど回復がじり貧する場面もしばしばある。
ヒトラー ランス6
右下にいるのが雑魚敵最強格・ヒトラー。溜めなしフォッケウルフはランス以外を軽く即死させる。

そんな中で1ターン行動停止にできる麻痺攻撃は必須となり、それらで動きを止めつつ戦うことが後半では当たり前になる。ただ麻痺自体はなるかどうか確率なので、一種の運ゲーのようにも感じてしまった。
一応レベルアップのステータス上昇は高く、レベルが高ければ問題ないが、挑戦モードのボス(主に魔人アベルト戦でのアニス対策やゴールデンハニー)ではほぼ必須戦略となってしまう。


総合78点
シナリオ面の出来はかなり高く、先の読めない展開は面白かった。
しかし、戦闘等のRPG要素は少々癖があるため、好き嫌いが分かれそうな感じもする。



フット ランス6
ペンダゴンで一番好きなおっさん。
  1. 2020/01/19(日) 15:37:10|
  2. エロゲ感想 中古購入・リメイクなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロゲ感想 ランス5D -ひとりぼっちの女の子- 

以下感想
ネタバレあり注意















ランス5D
アリスソフトのランスシリーズ第5弾。
ロープライスゲームな上中古約800円、DMMポイントを500円分使ってなんと300円という破格の安さ。
今までとちょっと違うシステムだし、どんな感じなのだろうか…。








シナリオ☆1.5つ
ダンジョンからの脱出というのが目的なためか、今までよりもかなりこじんまりとした印象。
そして相変わらずのやりたい放題のランス。特に今回はフェリスに対する扱いやショップ定員の海苔子への行動はとんでもない鬼畜な感じがした。
ランス ランス5D

口閉じたランスに違和感バリバリ

と外道っぷりが強いけど、最後の誰を選ぶかで迷わずシィルを選んだ場面は流石の主人公。
また玄武城の呪いなどを聞いて戦国ランスを思い出した。「…ああ、玄武が暴れた原因はこれか…」と納得したり。
ランス2 ランス5D
ランス&シィル ランス5D
シィルが大事なのは変わらず



キャラ☆2つ
今までのおなじみキャラは少なく、割と新キャラが多め。相変わらずの癖のあるやつらばかり。
ヒロインのリズナは結構生い立ちが悲惨。それでいて素直な良い娘と薄幸の美少女と言える。
デフォルメの内緒話している表情が可愛らしい。
リズナ ランス5D
リズナは最初こういうキャラだったんだな…。

あと、コパンドンの大凶は絶対許さない。

復讐ちゃん ランス5D
復讐ちゃんも結構お気に入り。



音楽☆2つ
ボス戦のBGMはかなりかっこいい。サビの所から一気に盛り上がるのが良い。
ただメニュー画面開いたときのあの汚い音はなんなんだろうか…。


Rシーン☆0.5つ
ハーレムプレイもあるがほぼ使えない。
内容も短すぎるし、そもそもシーン自体も少なめ。


ゲーム性☆1つ
過去最悪のゲーム性。
とにかく運要素が多い。
戦闘もサイコロふって出た目によって前もって装備した技がは発動するという運ゲー。(一応特定の目を出しやすくするアイテムもあるけど、そんなに極端に変わらない。)
宝箱を開けるにしても運、マップ移動にしてもルーレットでまたもや運、会話成功にしても運と運だらけ。
ランス5D 戦闘
戦闘画面サイコロゲー


これだけならまだましだが、最悪なのはそこに時間制限があること。
アイテムで時間制限は回復できるものの、実際はかなりカツカツで自由度もほとんどない。
一応章クリアごとに回復はするものの、のんびり行動できないのは辛い。

又、戦闘も運要素が強いが大分ぬるめ。
一部中ボスに苦戦するくらいであとは特段難しくはない。
特にラスボスが即死耐性無いせいで一撃で倒せてしまったりとバランスも悪め。
ラスボス ランス5D
ラスボスのビジュアルもなんか…(ちなみにこのパーティでは負けました。)

その他、武器説明の無さや持てるアイテムの制限など色々プレイしててきつい要素が多かった。

総合70点
中古800円、ポイント利用で300円でできるゲームとしては普通に楽しめる内容。
ただ戦闘が大味すぎて中々なれないかも…。
1本道のおかげで、一周でコンプできるのは良い。

  1. 2019/11/25(月) 20:31:40|
  2. エロゲ感想 中古購入・リメイクなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロゲ感想 ランス03 -リーザス陥落-

以下感想
ネタバレあり注意










ランス03

アリスソフトのおなじみランスシリーズの第3作目のリメイク。
ランスもこれで4作目となりました。…早いなー。
今回はだいぶ重要な話が多いらしく、今後にも影響を及ぼすようで…しっかりプレイしましたぞい。



シナリオ

大国同士の戦争、魔人の登場、世界観などが全て元となる要素が完成されている今作。
特に国同士の戦争は最初は絶体絶命な状況から、徐々に押し返していき、最後は元凶を撃破する王道ながらも熱い展開。
最後のラスボス戦は特にすげえ…!と思った。
ジル2 ランス03
この展開はびっくり。

…とここだけ見ると真面目に戦争してるんだなと思われるが、そこは鬼畜のランス。戦争そっちのけでやりたい放題。
皆が戦ってる中でも、女の子を狙っては好き勝手にする正統派なんざくそくらえなRPG仕様。
ただその中でもリーダーとして作戦指揮を執っては成功、奇襲をかけても成功などヤバい才能を持っていたり…。
真面目な雰囲気なのに空気をぶち壊すギャグもあったりするなど中々面白い場面も多かった。

ランス4 ランス03
ランス5 ランス03
注・主人公です。

ランス ランス03
ランス2 ランス03
ただまあ結構良いことも言ったりしている。



キャラ

前作前々作の01、02とのキャラが勢ぞろい。まさにオールスター。
仲間キャラは相変わらずの個性だが、敵キャラも個性あふれまくり。中でも明らかにヒャッハーなヤバい世界からきた出オチキャラが特に印象が残ってる。
パルプテンクス ランス03
ヤバい方向に成長していました。

魔人サイドも全員が悪役というイメージがあったが、魔人アイゼルの劇中での行動を見ていると魔人にも色々あるのだなと感じた。
アイゼル ランス03
ぶっちゃけ嫌いになれない魔人



新キャラはセルさんが可愛い。ユニコーンとのペロペロは滅茶苦茶良かった。
CVに関しても特に違和感がない感じ。とくにかなみはぽんこつ要素もしっかり演じられていて見事だった、
かなみ ランス03
かなみのぽんこつっぷりは〇

音楽

戦闘曲は素晴らしいものが多い。
通常ボス戦の「死ぬし!死ねし!」、ラストのジル戦で流れた「デストラクタ」等が特に良かった。
それ以外だと「Foece」のまさに進軍してるような豪快な曲もすごく勇ましい。



Rシーン

ボイスがついたおかげか中々いい感じになってはいるがまだまだ。
シチュがそもそも人を選ぶわ、ギャグ要素になるわと使える用途が少なすぎる。
カオス3 ランス03
セルとカオスのシーンは中々可愛い。




戦闘

ランス01にあったチップ戦闘をさらに複雑化させた感じ。
最初は適当に技ぶっぱしても進められるが、後半はただ強い技をセットしていても勝てず、補助などを上手く使わなければ勝てない。
そこらへんのバランスは中々取れている。
またストーリーを進めていると使えるメンバーもたまに変化&死んだら1ハッスルで控えメンバー登場と育成も満遍なくしなければならない所もやりがいがある。

トーマ ランス03
今作で最も苦戦したのはトーマ。全体攻撃持ちな上、通常耐性はかなりやっかいだった。(雑魚キャラを盾に遠距離で攻め、真正面から戦わずに突破した。)



仲間キャラ考察(個人的主観)
TOWERクリア3

ランス
・主人公。近接アタッカー。
・自己強化して目の前を殴る極めてシンプル。ウェイトタイムも短めだが、技の性能は控えめ。
・ただゼロスリースキルのおかげで魔人戦なら攻撃3つセットしても問題ない。むしろセットするべき。

シィル
・ヒーラー兼魔法使い。
・結構幅広い活躍ができるが、回復ならセル、魔法なら志津香といった上位互換が存在するため若干器用貧乏気味。
・ゼロスリースキルも優秀だが、全体回復できるセルの方が優秀。

リア
・王女様。ロマン枠。
・技自体は優秀だが、レベル上限が低いため欠けスター必須。育成したら化ける典型。
・ゼロスリースキルも強いけど、本体があっさり落ちるため割と使いづらい。
リア ランス03
リア王女こんなに姫様ちっくでしたっけ?

マリス
・王女の側近。バランス型。
・技は控えめだが、マリス七変化は鍛えればかなりの強さ。
・ゼロスリースキルはずっと俺のターン。割と発動確立も高く、決まるとかなり強い。

かなみ
・忍者。急所攻撃メインのキャラ。
・全体攻撃や遠距離攻撃もある分使いやすそうに見えるが、後半だと火力不足。
・不意打ちも痛い敵には痛いが、そんなに頻繁にやってこない分特に優先しなくても問題はない。

フェリス
・悪魔。ヘビー技系キャラ。
・全体攻撃が多く、火力も高いがウェイトタイムがどれもこれも重いのが辛い。
・ゼロスリースキルの回復封じは敵によってはかなり刺さる。

マリア
・眼鏡枠。カスタムの魔女の一人。
・攻撃はかなり弱いが、全体物防UPの陣地構築がぶっちぎりに強力。
・ゼロスリースキルはあってないようなもの。


志津香
・カスタムの魔女の一人。マジックアタッカー。
・魔法攻撃は純粋に強力。特に白色破壊光線はすさまじい威力。
・ゼロスリースキルと組み合わされば、ノンストップで白色破壊光線を打てる。魔法使いとしては随一な反面、かなり打たれ弱い。

ミリ
・カスタム出身だが物理アタッカー。
・攻撃力はそこそこあるが、レベル上限が低いのがきつい。
・ゼロスリースキルも微妙で、今作の空気枠。ただ戦闘以外のイベントだと色々登場する。

ミル
・カスタム出身の幼女枠。
・技の性能は悪くはないが、筋力が低すぎて微妙。
・ミリと同じゼロスリースキルなため、後半は空気を化す。

セル
・神官。ヒーラー枠。
・全体回復は驚異的。いるといないのでは難易度が大きく変わる。
・ゼロスリースキルも全体回復と超優秀。今作3強の1人。

バレス
・おっさん。バフ系技多し。
・打たれ弱く、能力も微妙だが、全体魔法防御+ウェイト2ターンで打てるこめかみ矢倉が超優秀。
・ゼロスリースキルもお金がもらえて地味にありがたい。TOWER攻略する場合は必須キャラ。

スー
・元野生の少女。罠回避系キャラ。
・遠距離を持ち、クリティカルも良く出るが、全体的に使いづらい。
・ただゼロスリースキルの罠回避のおかげでTOWER道中では必須。


リック
・赤い死神。絶対中の人イケメンだろ…。
・全体+ウェイト2ターン+爆裂属性のバイ・ラ・ウェイはヤバすぎる。ぶっちゃけこれだけ振ってても十分すぎる強さ。
・ゼロスリースキルはアイテムない時に発動すれば御の字。戦闘ではぶっちぎりのため、今作3強の1人。

メナド
・男の娘系。大器晩成タイプ。
・序盤は微妙だが、クア・ル・レーンを覚えたら世界が変わる。通常属性なため耐性or無効はいるものの、全体+ウェイト1ターンは驚異的。
・ゼロスリースキルもHPが1残るおかげで回復が間に合うなどこれまた優秀。今作3強の1人。

ユラン
・コロシアムの王者。究極的な一発屋。
・開幕自身強化3つ+幻夢剣で一撃で葬る反面次ターン以降は性能が落ちる典型的な速攻型。
・ゼロスリースキルは役立つことも多い。ただ後半になると戦闘では使いづらい。

レイラ
・リーザス騎士団の1人。
・仲間になるタイミングも遅めで性能もリックなどと比べるとかなり控えめ。
・ゼロスリースキルも微妙。ぶっちゃけ空気。

ジュリア
・よくわからん枠。
・通常戦闘力は大したことないが、ハイパー化で超強化。(全ステ666%アップ)
・技が宝箱専用なため、育てるのが厳しい。

アテン
・魔法使い枠
・ウェイトタイム控えめの魔法が多いが、志津香が強すぎるため、ほぼ採用なし。ただ全体防御バフのコモは使いこなせればかなりの鉄壁と化す。
・ゼロスリースキルは経験値アップ。育成時に役に立つ。

ネカイ
・エロいおねーさん。
・アイテムやらゴールドやらアイテム収集が目的。反面戦闘力が微妙。
・ゼロスリースキルもアイテム関連。ドロ狙いでパーティに入れるくらい。

バーニング
・これは何?謎枠
・レベル上限低いわ、能力低いわの超お荷物キャラ。
・ゼロスリースキルは良くわからない。いらない枠。

イェリコ
・馬鹿枠。幼女ではなさそう。
・レベル上限が超低い。能力も超低い。
・今作の超いらない枠。ハッスルで来るな。


以上が個人的な考察。
もうちょいやりこめれば、また色々変わってきたんだろうけど。
いやーリックは本当強すぎですね!
上記の通り仲間の種類も多く、個々の役割もあまり被らずかなり広い。
色々メンバーを変えて進める楽しみもランス03にはある。


総合80点
戦闘面もシナリオも特に問題ないように思える。
中々やりがいがあり、楽しめる内容だった。


















ランス03ED

ランス4に続く…
  1. 2019/11/20(水) 21:15:38|
  2. エロゲ感想 中古購入・リメイクなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロゲ感想 ランス02 -反逆の少女たち-

以下感想
ネタバレあり















ランス02
アリスソフトのランスシリーズ。2作目。
アリス2010に収録されていたランス2のリメイク。
システムもほぼ同じらしい。



シナリオ☆2つ
完全1本道。
途中でシィルが消えたり、間違えて子供を犯したり(最も大人の姿だったという理由もある。)など色々大変な内容だが、前作よりもコメディ要素が多め。
中盤まで町とダンジョンの往復ばかりで退屈だったが、シィル救出やカスタムの魔女と戦うシーンなど所々で良い場面があった。
ラストがあまりにもランスらしくて笑った。


キャラ☆2.5つ
非常に個性のあるキャラが多い。
4魔女は中々いいキャラ。特に志津香。悪口どこで使うんだよって思ってたらこいつに聞くのかよ…。
ランも正気に戻った後のネガネガ感は可愛かった。
ラン ランス02







わちゃわちゃ ランス02 
そしてこのわちゃわちゃ感好き。

そして今作で特に良かったのはランスとシィル。

ランスはただH好きな鬼畜というだけでなく、後悔しているランに激励したり、絶体絶命のシィルを助けたりするなど所々でヒーローと呼ばれるような魅力的な所もあった。
ただまあ倒した魔女に容赦なくHしたり最後は41Pしたりと相変わらずな所もある。

ランス02 ランス
ここの場面は結構好き。


シィルもランスに対しての一挙手一投足がまんま恋する乙女。
ランスに一途な所も、助けられたあとのH後の描写がどう見ても夫婦みたいな感じがして堪らない。
今作で最も可愛いと思えた。

シィル ランス02
お風呂のシーンとかめっちゃいいじゃん。


音楽☆1つ
戦闘曲は効き続けてると飽きる。
特に良いといったのはなかった。


Rシーン☆1つ
昔のリメイクだからか、数クリックで終了したり、途中で終わってたりと短い。
どちらかというとギャグ要素が多め。(鏡の前でのマリアだったり)


ゲーム性。
非常に不便。
まず戦闘だが、攻撃も魔法も必殺技も全てSPを消費する。しかもその量は中々に多く、雑魚敵2~3戦するとすぐに枯渇。(一応戦闘中でも回復できるコマンドはあるが微量)
そのため、「戦闘→キャンプで休む(SP全回復コマンド)→戦闘→休む……」を繰り返す必要があり面倒。

敵に関してもそこまで強くはなく、大ダメージ系技もほとんどないので苦労はしない。唯一苦労したのは最初の石像くらい。(電撃罠食らってHP1だったため)
ダメージもブレがあるのか必殺技より普通の攻撃の方がダメージを与えたほうが良い所もあった。

Gハニー ランス02
パーティ戦できるのは良かった。


マップ移動はさらに面倒。そもそもダンジョンも1つしかない。
エンカウント率高め、ヒントが見つけづらい、マップ操作しづらいなど過去のリメイク特有の辛さがあった。
また先ほども書いたが、とにかくダンジョンと町の往復が面倒。帰還アイテムがないと本当だるい感じになる。


それ以外だと後半から消える教会(HP、SP全回復施設)や今まで使ってたアイテムの消失等色々不便だったりも。


総合75点
全体的に前よりもキャラの個性が強くなっていて、このキャラはどういうキャラなのか把握しやすくなっていたのは良かった。
そして今作でランスとシィルの関係がより好きになった。



…さて次は03かな。

ウィリス ランス02

どうでもいいけど、この人前作より雰囲気違ってません?
  1. 2019/08/23(金) 21:35:45|
  2. エロゲ感想 中古購入・リメイクなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ