FC2ブログ

穹が凪ぐ音の夢

エロゲの感想や自分の一日を日記みたいに一生懸命、書いてます。

エロゲ感想 同級生 リメイク

以下感想
ネタバレあり注意






















同級生 リメイク
かつてelfで発売したエロゲのリメイク版。
当然このエロゲはやったことありません。
昔のエロゲということでどういう感じなのか…。

まずは各ヒロインの個人的感想。
ヒロインがあまりにも多いので箇条書きで簡単に書いていく。


・同級生の同級生たるヒロイン
・遊園地の嫌いな乗り物多くて笑った。
・かなり尽くすタイプ。見た目は割と好み。


美沙

・暴力系ヒロインで口も悪い。最も主人公のせいでもあるけど。
・大会前にケガをするお約束のような展開。
・実は主人公のことが好きだった。そんな描写あった?


さとみ

・主人公の幼馴染。河原での横顔が凄い良い感じ。
・最初のイベントを見るかどうかでその後の性格が変わる?前半はかなり強気のさとみ、後半は泣いてばかりの弱気なさとみが見れる。
・健二死ね


美穂

・小動物みたいな女の子。最初から主人公に好意を向けている。
・Hシーン…かと思いきや寝てしまう。子供っぽい。
・悪い男に引っ掛かりそう。


くるみ

・彼氏持ち。すっげえめんどくさい。というかうざい。
・それ以上に一哉がクズすぎる。なんでしれっとエピローグにいんの?
・個人的にヒロイン勢ワースト。


亜子

・薬屋で働いている女性。真子の妹
・子供っぽいが、前時代的な恋愛観を持つ。
・「自分を使って」などと危うい発言も多い。下手するとヤンデレになりそうな人。


真子

・学園の保険医。亜子の姉
・先生らしい先生。生徒の事を叱る時は叱る等真面目な人。
・個人的に一番攻略難易度高かった。


ひろみ

・社会人。彼氏持ちだけど処女。
・同人で知り合った彼氏がいるけどかなり気持ち悪い。というか簡単に付き合うの決めすぎでは…?
・ショートヘアーが似合う。


ちはる

・水商売もやってたお姉さん。結構苦労してそう。
・ナンパにホイホイついていく軽い人物だけど、元々主人公のことは一方的だが知っていた。隠し撮りまでしてるし。
・おっぱい大きい。


かおり

・夜の女。性的な仕事をしているせいかエロに対して明け透け。
・酔うとかなり面倒なうえ、どうやら付き合ってからもやりたい放題…らしい。
・普通に浮気する普通にやべー女。


やよい

・ナース。ただ外行きの服装が全然違う。
・ふざけまくる主人公のために体を張ってくれる人。結構厳しそうだけど良い人。
・Hシーンに行くための選択肢が好感度ダウンが必要という罠。


夏子

・黒髪ロングのお姉さん。
・一哉に付きまとわれてる不幸な人。でもどんな誘いも大人の余裕で回避してしまう。
・プールの水着シーンやHシーン等割と優遇されてる気もするヒロイン。


よしこ

・担任の先生。かなり堅物。
・悪漢に襲われている所を助けたのがきっかけで関係が急接近。髪をおろした先生が凄く良い感じ。
・HなCGはあるがHシーンはない。


麗子

・かなりおっとりとしているガチの人妻。とは言っても夫は単身赴任状態でいないんだけど。
・夫サイドはNTRみたいな感じ。ただあれはクズだから仕方ない。
・作中の会話は少ない。代わりにエピローグが老後。




シナリオ☆1つ

マップを回ってナンパしての繰り返しでストーリーというストーリーはほぼ無し。
基本的にヒロインとの会話に主人公がどういう反応をするかの選択肢で占められている。
また、彼女にすることが実質的なゴールなため、付き合った後の話はエピローグ後のちょこっとした話しかない。
時代とびまくり 同級生 リメイク
短いエピローグ

後、リメイク作品のためか色々古く、背景とかは中々懐かしいものばかり。
パソコンもでかいし、携帯も一切出てこないし。
背景
すげえなこの懐かしさ


キャラ☆2つ

攻略ヒロインはとにかく多い。また「同級生」というタイトルの割にやたらと年上が多い。
キャラの境遇も様々で、同い年のクラスメイト、幼馴染、彼氏持ち、夜の仕事、ナンパに引っ掛かった等様々なヒロインがいる。
すめらぎ琥珀の非常に良い原画のおかげで可愛い以上にエロい感じで出来上がっておりそこもまたGOOD。
美沙 同級生 リメイク
とても良い感じですね。

ただモブの男共はクソしかいない。
後、主人公は独り言多すぎな気も。


音楽☆2.5つ

BGMの各ヒロインにテーマ曲があって半端ない数になっている。
そしてOP、EDは非常に良い。OPの歌詞はリメイクっぽい再会みたいな感じになっている。
EDはまさに彼女との日々という歌詞と曲調で素晴らしい。



Rシーン☆0.5つ

絵は非常に良い感じなのだが短すぎる。
ヒロインによってはHシーンすらない。
そもそも中途半端で終わってるシーンもあるしね…。


ゲーム性☆1.5つ

夏休みの間にマップをひたすら歩いてヒロインを見つけ交流していく。
そしてフラグを立てて告白し彼女になればゲームクリアだ。
イージーモードにすればフラグも好感度の上がる選択肢も全て分かるのでかなりプレイしやすくなる。

ただし、クラシックモードの場合、超鬼畜難易度と化す。
フラグも謎、どのヒロインがどこにいるのかも一切わからない。ハッキリ言って無理ゲーに近い。
そもそもフラグに関してもただ会いに行けばよいヒロインもいれば、複数のヒロインのフラグを立てつつ目当てのヒロインを落とす必要があるなど攻略サイト見ないと間違いなくわからないであろうゲーム性である。

…というかオリジナル版はイージーモードないんだよな…すげえな当時の人…。

ただその分遊び心はすごい。背景にクリックするとそれに応じて色々な反応をしてくれる。マップにもお金やら中にはアイテムなども落ちていたり、特定のタイミングで建物に入るとHなシーンが見れるなど飽きが来ないようマップが工夫されていることがわかる。

…残念ながら後半は作業ゲーにしかならなかったのだが。



総合68点

このゲームはイージーモードで楽しむものではない。
何も情報のないクラシックモードでひたすらマップを歩きながら目当てのヒロインをどうやって落とすかを時間をかけて考え楽しむゲームである。ようはプレイヤーが主人公である。

まあ何が言いたいかというと多分、このご時世、こういうエロゲは受けが悪いんじゃないかなーと思う。
基本主人公が決まっている物語的なエロゲが最も多いからね。俺もちょっと合わなかったし。

こういう作品をリメイクしたってことは売れ行きが良ければ今後もあるのかもしれないな。

スポンサーサイト



  1. 2021/03/07(日) 17:00:00|
  2. エロゲ感想2021年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネットで試験

今日は前々から予約していた簿記2級のネット試験の日。
…正直ついこないだまで忘れていたという…。
ネット試験ってどういうもんなんだ?と思いつつ会場に行くと、ああ成程、パソコン教室のような感じなのね。そんで答えはモニターでやる…と。
一度やり方さえわかってしまえばこっちの方がやりやすいな。尚、落ちた模様。ただ手ごたえはあったからまた近いうちに再試験だな。

同級生はフラグをあっちらこっちら立てなければならないから中々面倒。というかこれイージーモードでもうーん…ってなるのに昔の人はどうやってたんだよ…。これ攻略見ないと無理ゲーじゃないか?あんなんノーヒントでできるわけないわ。

そういやぬきたしのファンミもあるんだね。
今回は4月の土曜日だし応募しますか。当然席はSS席じゃ!
受かるとええなあ…。

とまあそんなこんなで1日過ごしました。
休みは後二日。
  1. 2021/03/06(土) 22:14:26|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うおおおおおフラグ管理複雑ゥ!

同級生 リメイクを始めてみた。
…ただ突然マップに放り込まれた上にわけもわからず右往左往。何をどうすればよいのかわからない状態に…。
正直無理だと思ったのでイージーモードにしたら、凄い楽になった。…というか攻略しようとしているヒロインとは別のヒロインのフラグ立てないといけなかったり結構面倒なのね…。その分個別はないようなものだけど。
成程…これが昔のエロゲってやつか。

今日から3連休。
…なのだが実は明日重要な試験があったり…。まあ正直受かる気もなければいつでも受けられる試験だし、初めてのタイプだからどんな感じなのか感触を確かめる……って感じ。
まあ頑張りますか。
  1. 2021/03/06(土) 00:15:05|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロゲ感想 冥契のルペルカリア

以下感想
ネタバレあり注意





















冥契のルペルカリア
ウグイスカケラの新作。
ここのメーカーは毎回購入済み&プレイ済み。
毎回話が面白い感じだから今作も期待。





シナリオ☆2.5つ


最初から最後まで徹底的に演劇を軸にした話の展開。
個別√に派生する選択肢もあるが、基本的に1本道である。

共通は劇団ランビリスが様々な苦難を乗り越え、フィリア公演を目指すというもの。
素人やら天才やらが様々な人間がいる状況だったが、意外とメンバー内の仲は良く、演技に熱が入って暴力的な口調(主に来々)が飛ぶ以外はかなりまともに進んでいたと思う。……前半までは。
後半になるとメンバーの裏が明らかに。特に来々がやった嫉妬で成功しかけていた悠苑を悪評を広めて蹴落とした行動はこの段階では最悪としか言いようがなかった。おかげでめぐりも大幅に向上したのは間違いないが、それでもあの行動は良いとは思えない。
結論から言うと演劇自体は成功したからまだよいけども…。

といった感じだったのだが、個別も兼ねた後半から物語が急展開する。まさかの世界が本の舞台だったという衝撃。
共通で違和感のある言葉が多々出ていたが、まさかこういうことだったとは…。
火事で団員が次々と死ぬ中、一人だと何もできないめぐりを強くするための来々が願った仮初の世界。
まあようするにリトバスなわけだ。うんすごい分かりやすい。

ここからは個別√等にいくのだが、状況が状況だけに個別√が実質バッドエンド。だって燃えてるんだもの。死んじゃうよ。それに個別√は殆どが逃げの選択だし。
しかし後半からの話は非常に面白い。前半で悪評やら悪いことした人物も実際は全く違う行動だったという展開作りは本当にすごい。特に来々はマジで見直した。ぶっちゃけこいつ主人公でいいんじゃね?と思ったほど。
そして散々トラウマだった未来も実際の所主人公・環が引き起こしてしまったもの。嫌い嫌いと言っていたことも本当は好きで嫌いになれと言われたから無理矢理と…なんとも悲しい。

最終的に様々な問題を乗り越え成長し、現実に帰って自らの意思で火事から逃げることができた。
結局はあの世界も演劇の一つだったのだろう。
団員が死んでしまったのは悲しいが、ヒロイン達が新たに劇団を立ち上げていこうとするその姿は間違いなくめでたしめでたしと言えるだろうとそう感じた。

前半は多少退屈な部分もあったものの、過去の出来事を上手く回想でまとめ、前半の伏線もキャラの設定も利用したシナリオ展開は非常に良いものであった。所々の物語調のモノローグも中々いい雰囲気をだしている。



キャラ☆2つ


今作は優遇不遇がヒロイン含めて割と多い。
まあ今作は演劇だからどうしても目立つ目立たないがあるのは仕方ないけども。
ヒロイン勢はめぐり、理世が比較的良い感じ。

めぐり 冥契のルペルカリア
めぐりは最も優遇されていると思われるキャラ。…そもそもあの物語がめぐりのためだったのもあるし。
最初めぐりは見た目や天才という境遇のせいで「…こいつ絶対性格悪いだろ…」って思ったら、初心者にも気にかけてくれたり、同じ天才の琥珀にも嫉妬せず、演技の指導をしてくれるなど面倒見の良い娘だった。環を茶化している所も可愛くて好き。
そして新たな仲間に支えられ、ようやくまた立ち上がることができた。今作の大半はめぐりの成長物語と言っても過言ではない。

理世2 冥契のルペルカリア
理世は氷狐と仲が良かったためか割と回想でも多く登場している。
そして真面目な委員長キャラに見せかけてポンコツ。コロコロ変わる表情と魅力的な要素満載。
癖の強いヒロインの中でもかなりの常識人であることも大きい。

奈々菜 冥契のルペルカリア
奈々菜は望まれない出生に兄の踏み台のためにアイドルとして育てられた不幸とかそういうレベルじゃない可哀そうな娘。
ただ天性の魅力があったせいか可愛さだけは高い。…一見するとぶりっ子のような感じもするんだけどね…あの小動物みたいな可愛さは確かに良いわ。そしてある意味で環に巻き込まれたヒロイン。同意の上とはいえ…。

琥珀2 冥契のルペルカリア
琥珀はある意味で一番残念な扱い。
天才的な演技力というのも氷狐の力であり、また、個別√の方でも妹として扱われてしまっている結構可哀そうな状況だった。
独特な感性を持つ面白い娘なのだが…。

未来2 冥契のルペルカリア
そして未来(氷狐)もまた被害者。
環が好きすぎるばかりに全ての行動が兄・環のためという歪みまくった好意。しかし才能があったばかりに兄に恨まれてしまうという悲しい運命を背負ってしまった。ある意味で才能でつぶれたと言えるだろう。
ただあれだけ嫌いだのにらまれても最後まで環のことを好きでい続けたその姿勢はすごい。…まあ兄がね…。
未来3 冥契のルペルカリア
ブラコン


主人公の環も確かに母親の被害者でもある。ただ、未来の気持ちも考えずに否定的なことばかり言うわ、挙句ぶつわをこいつなんなんだよと。そもそも未来が環のことが嫌いと言ったのも環が言ったからであり、勝手に天狗になって、未来に実力で抜かれて勝手にトラウマになるのは流石にね…。そして作中でも妹扱いにして奈々菜を監禁するとか犯罪かますとか…しかも手錠で逃げられないようにしてるし…。
あれだけの環境に置かれて精神が疲弊するのはわかる。だけどやはり好きにはなれない。

サブキャラ達はとにかく来々・双葉が優遇。
かたや演劇のために全てを捧げる熱い漢、かたや同性愛者で男のことは大嫌いだけども環のことを軽口叩きながらも全力で支えようとした良い女友達とこの二人はすごい良いキャラしてた。
最も残念な扱いなのが朧。勝手に愛情を継承された結果、環のことを好きになり、結局演じたこと以上のこともできなかった。(火事で死んだわけではないため)
来々 冥契のルペルカリア
素直になれない不器用系

そして安定のクソ親共。
こいつらは子供に何させてるんだ…本気でくたばれと思う。
特に環・未来の母親はヒステリック起こしてるし、わけわからん基地外。


また、これはどのキャラも言えることだが、演技力が半端ない。特に演劇中。
声優すげー。



音楽☆1.5つ

明るい感じから、悲しい感じまで幅広くそろえている。
BGMもかなり深みがあり、劇場で聞いているという感じがする。…なんとなく。
OPの「ライムライトの残火」サビの静かな盛り上がりが中々良い感じ。



Rシーン☆1つ

H回想に画像が5つあるから5シーン…と見せかけて実際は2~3シーン程。
それも短いうえに作中の状況が状況なだけに抜こうとも思えない。
CGは良いのだけども…。



総合80点

少しずつ明らかになる世界観がたまらない。
言い回しが独特な所もあるが、それでも十分面白いと言えるだろう。

…かみまほをやってもやらなくても大丈夫だったのでそこは本当に良かった。

  1. 2021/03/04(木) 21:12:00|
  2. エロゲ感想2021年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有休の確保は必要

来週の月曜と今月のエロゲの日&モンハンデーの有休確保完了。
たまには休まないとね。気が滅入るからね。
まあ来週の月曜はゲーム進めたいから休んだんだけどもさ。

るぺかりは尻上がりに面白くなっていく感じだね。ネタ晴らしし始めたところから一気に面白くなる。それまではまあまあな感じだけども。
しかし…これは…あれかな?とある鍵作品のリスペクトかな?
まあこれ以上言うとネタバレになるからやめとこう。もう少しで終わりそうだし。

さてそんなこんなで平日は続く。
…まーた日が変わるまで起きてるよあの馬鹿…昨日は寝坊しかけてるのになあ…。
まあ頑張るか。
  1. 2021/03/04(木) 00:17:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ